岩内町が設けるふるさと納税の内容

北海道岩内町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

岩内町の概要とふるさと納税の推移

岩内町は北海道の西部、後志総合振興局管内にある人口13,211人を有する港町です。かつては250年に渡ってにニシン漁に栄えた町であり、現在においても漁業が主力産業となっています。積丹半島やニセコ連峰を始めとして自然環境にも恵まれ、雷電海岸をめぐるシーカヤックやスキーなどのアウトドアスポーツが高い人気を集めています。
岩内町におけるふるさと納税は、制度初年度となる平成20年では7件の寄附件数に対して660、000円の寄附が寄せられています。21年度においても7件となり、寄附額としては1,002,000円に増加をしています。その後、25年度には8件で1,290,000円と徐々に増加をしましたが、26年度には8件で190,000円、27年度では5件、180,000円に減少をしています。

ふるさと納税で行われる事業

北海道岩内町では、寄せられるふるさと納税は寄附者が使途を選べるようになっています。全ての事業は岩内町の活性化に活用されることになり、現在、17項目が事業内容が掲げられています。
代表となる事業内容としては、具体的には、例えば怒涛まつり花火大会5,000発打上、道の駅いわない再開発、広域観光を推進するためのDMO設立、マリンアクティビティガイドの育成や海水浴場設置、ニセコいわない国際スキー場キャットツアー新コース造成などがあります。他にも、乳幼児医療費など医療費助成制度 や、保育所や学童保育など働く家庭の支援活動といった子供関連の事業も
行われます。
岩内町が設けている事業は多岐に分かれてはいるものの、具体的な内容が掲げられているために寄附者も分かりやすく、支援したい活動を選びやすくなっています

贈られる返礼品について

岩内町がふるさと納税で設けている返戻品は、どれもが地域色豊かな、北海道ならではの商品になります。商品はそれぞれのコースごとに名前が付けられているために、とても身近に感じることができます。
返礼品は1回1万円以上の寄附をした人が対象となり、1万円以上2万円未満の「たら丸チョイス」、2万円以上5万円未満の「べに子チョイス」、5万円以上6万円未満の「たら福チョイス」、6万円以上10万円未満の「たら福チョイスプレミアム」の4つのコースから選ぶことができます。
それぞれ豊富な商品がラインナップされており、例えば、「たら丸チョイス」では全部で36種類が設けられています。内容は海産物を中心としており、どれもが地域ならではの商品になっています。
岩内町では返戻品に関しては最新情報を発信しており、事前に確認することで季節限定品などの品切れ前に入手をすることができます。

岩内町の概要とふるさと納税の推移

岩内町は北海道の西部、後志総合振興局管内にある人口13,211人を有する港町です。かつては250年に渡ってにニシン漁に栄えた町であり、現在においても漁業が主力産業となっています。積丹半島やニセコ連峰を始めとして自然環境にも恵まれ、雷電海岸をめぐるシーカヤックやスキーなどのアウトドアスポーツが高い人気を集めています。
岩内町におけるふるさと納税は、制度初年度となる平成20年では7件の寄附件数に対して660、000円の寄附が寄せられています。21年度においても7件となり、寄附額としては1,002,000円に増加をしています。その後、25年度には8件で1,290,000円と徐々に増加をしましたが、26年度には8件で190,000円、27年度では5件、180,000円に減少をしています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう