北海道増毛町のふるさと納税は

北海道増毛町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

北海道増毛町はどんな町か

北海道の北西部に位置する増毛町は、西を日本海東を山岳地帯に囲まれた険しい土地になっています。2010年時点の人口は約5,000人とコンパクトですが、その人口のほとんどは沿岸部に集まっており、豊かな海の幸を中心とした漁業が盛んな地域です。沿岸部に広がる雄冬海岸はとても美しく、国定公園の一部にもなっている暑寒別岳もここの増毛町に位置しています。町の歴史は非常に古く、北海道遺産にも選定された歴史と情緒を感じさせる建物が立ち並んでいます。日本でも随一のボタンエビの漁獲高を誇っており、近隣に流れる良質の水を活かして酒造も盛んに行われています。漁業の他にも果樹栽培や食品工業、商業なども行われており、全てバランスよく行われているのでふるさと納税のお礼品としてもバラエティ豊かな品目が揃っています。

北海道増毛町のふるさと納税お礼品

北海道増毛町のふるさと納税は、豊かな自然や海の幸を活かした様々な特産品をお礼の品として受け取ることができます。1年のうち何回でも寄附は可能で、1回に付き10,000円以上の寄附でふるさと納税のお礼品が一つ貰えます。増毛町はエビの漁獲高が非常に高く、名産地として知られているのでお礼品の中でも甘えびやボタンエビが高い人気を集めています。他にもホタテやアワビ、高級品として知られる新巻鮭にイクラなど、ありとあらゆる海の幸を選ぶことができます。また、盛んな果樹や野菜栽培も活かしてプルーンやリンゴ、洋ナシにトマト、ジャムやアイスにお米など実にバラエティに富んだお礼品があるため選ぶのに困ってしまうほどです。人気が高いので売り切れになってしまう品も多いので、欲しいものがある場合は早めに寄附しておきましょう。

ふるさと納税の寄付金の使い道

北海道増毛町のふるさと納税は、寄附したお金の使い道を自分で指定することができます。増毛町の場合は5つの事業が準備されており、その中から好きなものへ使ってもらうよう指定できます。旧増毛小学校の保存に関する事業、地域の資源を活用した地域振興や観光振興などに関する事業、町の将来を担う子供たちのための事業、町の医療や福祉に関する事業に地場産業や環境保全に関する事業などが挙げられます。これらのうち特に希望する事業が無い場合は、あえて指定しないという選択も可能です。この場合は町長が必要だと判断した事業へ使われることになり、寄附金の使途は毎年ホームページ内で報告されているので安心して寄附できます。ふるさと納税のお礼品の情報も随時更新されているので、こまめにチェックしてみましょう。

北海道増毛町はどんな町か

北海道の北西部に位置する増毛町は、西を日本海東を山岳地帯に囲まれた険しい土地になっています。2010年時点の人口は約5,000人とコンパクトですが、その人口のほとんどは沿岸部に集まっており、豊かな海の幸を中心とした漁業が盛んな地域です。沿岸部に広がる雄冬海岸はとても美しく、国定公園の一部にもなっている暑寒別岳もここの増毛町に位置しています。町の歴史は非常に古く、北海道遺産にも選定された歴史と情緒を感じさせる建物が立ち並んでいます。日本でも随一のボタンエビの漁獲高を誇っており、近隣に流れる良質の水を活かして酒造も盛んに行われています。漁業の他にも果樹栽培や食品工業、商業なども行われており、全てバランスよく行われているのでふるさと納税のお礼品としてもバラエティ豊かな品目が揃っています。

北海道増毛町のふるさと納税お礼品

北海道増毛町のふるさと納税は、豊かな自然や海の幸を活かした様々な特産品をお礼の品として受け取ることができます。1年のうち何回でも寄附は可能で、1回に付き10,000円以上の寄附でふるさと納税のお礼品が一つ貰えます。増毛町はエビの漁獲高が非常に高く、名産地として知られているのでお礼品の中でも甘えびやボタンエビが高い人気を集めています。他にもホタテやアワビ、高級品として知られる新巻鮭にイクラなど、ありとあらゆる海の幸を選ぶことができます。また、盛んな果樹や野菜栽培も活かしてプルーンやリンゴ、洋ナシにトマト、ジャムやアイスにお米など実にバラエティに富んだお礼品があるため選ぶのに困ってしまうほどです。人気が高いので売り切れになってしまう品も多いので、欲しいものがある場合は早めに寄附しておきましょう。

ふるさと納税の寄付金の使い道

北海道増毛町のふるさと納税は、寄附したお金の使い道を自分で指定することができます。増毛町の場合は5つの事業が準備されており、その中から好きなものへ使ってもらうよう指定できます。旧増毛小学校の保存に関する事業、地域の資源を活用した地域振興や観光振興などに関する事業、町の将来を担う子供たちのための事業、町の医療や福祉に関する事業に地場産業や環境保全に関する事業などが挙げられます。これらのうち特に希望する事業が無い場合は、あえて指定しないという選択も可能です。この場合は町長が必要だと判断した事業へ使われることになり、寄附金の使途は毎年ホームページ内で報告されているので安心して寄附できます。ふるさと納税のお礼品の情報も随時更新されているので、こまめにチェックしてみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう