幌加内町が行うふるさと納税の内容

北海道幌加内町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

幌加内町の紹介とふるさと納税の推移

日本最大の人造湖「朱鞠内湖」のある幌加内町は、北海道上川管内西部に位置します。町が有する人口1,571人は北海道の自治体では最も少なく、人口密度においても日本一低い町でもあります。産業は稲作や畑作を中心とした農業や酪農があり、中でもソバは作付面積、収穫量ともに日本一を誇ります。
幌加内町のふるさと納税は、制度初年度平成20年に寄附7件に対して284,000円の寄附金が寄せられています。22年には23件で4,649,000と大幅に増加をするものの、その後は毎年100万円以下の寄附金で推移をしています。平成24年の329,000円が最も少なく、翌25年の555,800円、26年の859,000円へと続き、平成27年においては29件に対して1,179,000円の寄附金が寄せられています。

ふるさと納税で行う事業について

北海道幌加内町では、寄せられるふるさと納税に関して「幌加内町まちづくりふるさと応援寄附条例」を設けており、寄附金は条例に沿って活用が行われます。
条例には、目的、事業の種類、寄附金の指定等、寄附金の管理、運用状況の公表、委任、の各条項があり、平成28年7月1日より援用されています。事業の内容としては、子育て支援及び子どもの教育振興に関する事業 、そばの振興に関する事業、イトウの保護に関する事業、朱鞠内湖周辺の観光振興に関する事業、その他、町長が町の振興に必要と認める事業 の5つがあります。
事業の中でも、そばの振興、イトウの保護、朱鞠内湖周辺の観光振興の3つは、幌加内町ならではの内容となっています。実際の寄附に関しては使途を指定することができ、寄附金は寄せられた事業に対してのみ活用されます。

贈られる返礼品の内容

幌加内町では、寄せられたふるさと納税に対して、返礼品として町の特産品を贈呈しています。返礼品は1回10,000円以上の寄附者を対象として贈られ、寄附金額に応じて好きな特産品を1品選ぶことができます。
現在返礼品で設けられているコースには、10,000円以上、20,000円以上、30,000円以上、50,000円以上、100,000円以上の5つがあります。準備されている商品は10,000円以上が最も多く、ここでは36の特産品がラインナップされています。商品は幌加内町を代表する特産物、そばを中心に構成されており、他にも男爵いもやカボチャといった農産物などがあります。町ならではのものとしてはイトウ釣り1ヵ月チケットがあり、釣りファンには魅力的な商品になっています。
他のコースでは、20,000円以上からそれぞれに4商品、1商品、2商品、1商品となります。

幌加内町の紹介とふるさと納税の推移

日本最大の人造湖「朱鞠内湖」のある幌加内町は、北海道上川管内西部に位置します。町が有する人口1,571人は北海道の自治体では最も少なく、人口密度においても日本一低い町でもあります。産業は稲作や畑作を中心とした農業や酪農があり、中でもソバは作付面積、収穫量ともに日本一を誇ります。
幌加内町のふるさと納税は、制度初年度平成20年に寄附7件に対して284,000円の寄附金が寄せられています。22年には23件で4,649,000と大幅に増加をするものの、その後は毎年100万円以下の寄附金で推移をしています。平成24年の329,000円が最も少なく、翌25年の555,800円、26年の859,000円へと続き、平成27年においては29件に対して1,179,000円の寄附金が寄せられています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう