なぜこんなに盛り上る?ふるさと納税が人気となる8つの理由

ふるさと納税は2008年から始まった制度ですが、節税ができるだけでなくさらに返礼品が受け取れる、ということで人気が過熱しています。では一体このふるさと納税のどのような点が、多くの人の心を掴んでいるのでしょうか。今回はふるさと納税が人気となっている理由について詳しく説明します!

-AD-

【理由1】出身地以外にも寄付できる!

ふるさと納税はその名称から、出身地にしか納税できないと思われがちですがそんなことはありません。出身地以外にも寄付したい、と思える地域があればそこにお金を寄付することも可能ですが。このシステムであれば田舎のない都会生まれ、都会育ちの人でも過疎化している地域に寄付ができます。したがって都会の人が地方へふるさと納税することは、都会に集中している経済の流れを地方に循環させることにも役立っているといえるのです。こういった地域を自由に選べることも人気の一つの理由です。

【理由2】小さなお金でも寄付できる

ふるさと納税としてメディアに取り上げられるものは、話題性があるので高額なものが多くなりがちです。しかしふるさと納税は、数千円程度でも問題ありません。一般的な家庭環境であればそんなに大きな金額を寄付することはできませんよね。しかし地域の復興に貢献したいという気持ちは誰もが少なからず持つものです。、ふるさと納税は、そういった「少額でも寄付したい」と考える人のニーズにも答えているのです。

【理由3】忙しい人でも社会貢献できる

震災後の被災地のように、時間と体力がある人は、労働力で社会貢献できますが、仕事が忙しい人はそういうわけにはいけません。しかしながら日々忙しく過ごしていても、社会貢献意欲がある人がいますよね。そういった人達が社会貢献する一つの手段としてもふるさと納税が選ばれているのです。

【理由4】ふるさと納税の使い道を指定できる

ふるさと納税は、地方自治体に納税すればそれで終わりではありません。具体的にこのお金は何に使って欲しい、ということを伝えることができます。例えば教育の分野にお金を使って欲しければ寄付の際に、その要望を伝えられるのです。こういった一歩踏み込んだ寄付である点も人気の理由です。

【理由5】返礼品が受け取れる

ふるさと納税の一番の魅力ともいえるのが、返礼品です。返礼品とは、寄付金額に応じて受け取れる地域からの贈り物。特産品だけではなくて、体験チケットなど、さまざまなものが受け取れます。

【理由6】住民税の控除が適用される

ふるさと納税は、ある一定以上の金額を寄付すれば、住民税の控除が受けられるのも人気の理由です。節税の為にふるさと納税をする人も少なくありません。住民税控除はふるさと納税するなら、申請して活用すべきだといえるでしょう。

【理由7】地域のレアな特産品を味わえる

返礼品の中でも地域の特産品は人気です。飛騨牛や松坂牛などのブランド牛が返礼品としても用意されています。また冬場はそのエリアでしか採れない蟹なども人気です。こういった豊富な食材のバリエーションがあることも、ふるさと納税そのものの人気を押し上げているといえるでしょう。都会には美味しいものがたくさんありますが、外食で地方にしか流通していない食材を食べることは簡単ではありません。しかしふるさと納税の返礼品として、そういったレアな特産品は手に入れることができるのです。地域のレアな特産品を都会でも味わえる。このようなポイントもふるさと納税の魅力となっているのです。

【理由8】 クレジットカードで寄付できる地域もある

ふるさと納税は基本的に振込みですが、地域や寄付する金額によってはクレジットカードの利用も可能です。例えば、クレジットカードで500,000円分寄付したらどうでしょうか。ポイントもかなり付与されますよね。その為、高額な寄付をする場合、クレジットカードを使うメリットは大きくなります。これはポイントを貯めることが好きな場合はかなり魅力的ですよね。現金だけでなくクレジットカードでも寄付できる、このような「寄付しやすい」ということも人気の理由の一つだといえるでしょう。

まとめ

ここまでふるさと納税が人気となる8つの理由について紹介しましたがいかがでしたか。ふるさと納税は、節税したい人だけでなく、寄付したい人にも活用する価値があります。何より地域の特産品をもらいながら社会貢献できるなら、お金の使い道としても気持ちいいですよね。海外の裕福な人の多くは、社会貢献事業への寄付を怠りません。ビルゲイツは、子供の頃から寄付していたのは有名な話ですよね。またお金は貯めるよりも有効に使うことで、循環しやすくなるという性質もあります。少し経済的に余裕ができてきた際は、ふるさと納税による寄付を検討してみてはいかがでしょうか。

【理由1】出身地以外にも寄付できる!

ふるさと納税はその名称から、出身地にしか納税できないと思われがちですがそんなことはありません。出身地以外にも寄付したい、と思える地域があればそこにお金を寄付することも可能ですが。このシステムであれば田舎のない都会生まれ、都会育ちの人でも過疎化している地域に寄付ができます。したがって都会の人が地方へふるさと納税することは、都会に集中している経済の流れを地方に循環させることにも役立っているといえるのです。こういった地域を自由に選べることも人気の一つの理由です。

【理由2】小さなお金でも寄付できる

ふるさと納税としてメディアに取り上げられるものは、話題性があるので高額なものが多くなりがちです。しかしふるさと納税は、数千円程度でも問題ありません。一般的な家庭環境であればそんなに大きな金額を寄付することはできませんよね。しかし地域の復興に貢献したいという気持ちは誰もが少なからず持つものです。、ふるさと納税は、そういった「少額でも寄付したい」と考える人のニーズにも答えているのです。

【理由3】忙しい人でも社会貢献できる

震災後の被災地のように、時間と体力がある人は、労働力で社会貢献できますが、仕事が忙しい人はそういうわけにはいけません。しかしながら日々忙しく過ごしていても、社会貢献意欲がある人がいますよね。そういった人達が社会貢献する一つの手段としてもふるさと納税が選ばれているのです。

【理由4】ふるさと納税の使い道を指定できる

ふるさと納税は、地方自治体に納税すればそれで終わりではありません。具体的にこのお金は何に使って欲しい、ということを伝えることができます。例えば教育の分野にお金を使って欲しければ寄付の際に、その要望を伝えられるのです。こういった一歩踏み込んだ寄付である点も人気の理由です。

【理由5】返礼品が受け取れる

ふるさと納税の一番の魅力ともいえるのが、返礼品です。返礼品とは、寄付金額に応じて受け取れる地域からの贈り物。特産品だけではなくて、体験チケットなど、さまざまなものが受け取れます。

【理由6】住民税の控除が適用される

ふるさと納税は、ある一定以上の金額を寄付すれば、住民税の控除が受けられるのも人気の理由です。節税の為にふるさと納税をする人も少なくありません。住民税控除はふるさと納税するなら、申請して活用すべきだといえるでしょう。

【理由7】地域のレアな特産品を味わえる

返礼品の中でも地域の特産品は人気です。飛騨牛や松坂牛などのブランド牛が返礼品としても用意されています。また冬場はそのエリアでしか採れない蟹なども人気です。こういった豊富な食材のバリエーションがあることも、ふるさと納税そのものの人気を押し上げているといえるでしょう。都会には美味しいものがたくさんありますが、外食で地方にしか流通していない食材を食べることは簡単ではありません。しかしふるさと納税の返礼品として、そういったレアな特産品は手に入れることができるのです。地域のレアな特産品を都会でも味わえる。このようなポイントもふるさと納税の魅力となっているのです。

【理由8】 クレジットカードで寄付できる地域もある

ふるさと納税は基本的に振込みですが、地域や寄付する金額によってはクレジットカードの利用も可能です。例えば、クレジットカードで500,000円分寄付したらどうでしょうか。ポイントもかなり付与されますよね。その為、高額な寄付をする場合、クレジットカードを使うメリットは大きくなります。これはポイントを貯めることが好きな場合はかなり魅力的ですよね。現金だけでなくクレジットカードでも寄付できる、このような「寄付しやすい」ということも人気の理由の一つだといえるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう