水俣市はふるさと納税で環境に良いまちづくりを推進

熊本県水俣市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

水俣市の概要と将来のビジョン

水俣市は熊本県の最南端に位置している市で、昔は海の幸や山の幸に恵まれた土地でした。かつて水俣市では、公害の水俣病で世間を騒がせたことをご存知の方が多いのではないでしょうか。しかし現在は、その頃と違って自然豊かな環境都市づくりを推進しています。そんな水俣市では、より良いまちづくりが出来るように2008年からふるさと納税制度を導入しています。多くの方々から寄付してもらったふるさと納税の支援金は、環境モデル都市関連事業だけでなく水俣市を活気づけるための事業、文化及びスポーツ振興関連の事業の財源に充てています。毎年20人近くの方々が、熊本県水俣市のふるさと納税に申し込みしています。2008年から現在までに集まった寄付金額は、800万円を超えました。

1万円以上の寄付で貰える特産品

ふるさと納税制度を利用して、熊本県水俣市に一定額以上の寄付した方には、市からお礼として豪華な名産品が贈られます。寄附する金額が増えるごとに、選べる特産品の種類が豊富になります。1万円以上から貰える名産品は柑橘類やお米などの農産物、ジュースやゼリーなどの加工品です。柑橘類は、JAさんが管轄する地域で収穫した新鮮な自然のデコポン、ハウス栽培されたデコポンから選択でき、どちらも酸味が少なく食べやすくなっています。デコポンや果実などの柑橘類を使ったジュースとゼリーが寄付申し込み者から人気のある品で、ジュースは事業者の方々がこだわった製法で絞っているため、まるでデコポンを丸ごと食べているような甘さを体感できます。さらに、日本一の生産量を誇る温州みかんの絞り汁をブレンドさせています。

豊富な種類から選べる特産品

1年間で累計2万円以上のふるさと納税をした場合は、さらに豪華な特産品や商品券があります。女性目線で選んだ新茶セットや天然温泉のペアお食事券、モンヴェールポークの食べ尽しセットなどがあります。女性目線で選んだ新茶セットは男性からも、人気が高い商品です。熊本県水俣市の標高500メートル付近にある石飛では香り高く、美味しい茶葉が生産されています。それともう一方の生産地で栽培されている茶葉をブレンドさせたお茶は、緑色で美しく美味しいお茶になります。次に天然温泉のペアお食事券は、地元でとれた食材を使って蒸し物や肉料理を満足するまで堪能できます。最後にモンヴェールポークの食べ尽しセットは、地元で育てている豚を新鮮な状態で真空パックに入れて送ってくれます。さらに、食べ尽しセットは2カ月ごとに食べることが可能です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう