くまモンとのコラボグッズがもらえる熊本県人吉市のふるさと納税

熊本県人吉市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

熊本県人吉市ってどんなところ?

人吉市は熊本県の南西部、九州山地に囲まれた盆地にある人口約3万3千人の市です。市の中心を日本三大急流のひとつである球磨川が流れており、スリル満点の川下りは観光客に大人気。また、球磨川は鮎釣りのメッカとしても知られています。球磨川で採れた鮎はお土産物として活用されるほか、加工食品として熊本県全域に出荷されています。
昔から豊かな森林資源を活かした木工業が盛んで、「きじ馬」や「花手箱」などの民芸品は実に800年以上の歴史があります。また、人吉市のある球磨地方は焼酎の産地としても知られており、とりわけ米焼酎に関しては国内トップクラスの生産量を誇ります。
人吉市でもふるさと納税を実施しており、1万円以上の寄付をした人には地元の名産品などの豪華景品が贈られます。

米焼酎や山の幸がいっぱいの特産品

人吉市のふるさと納税は寄付額によって、選べる景品がAグループからEグループまで5つのグレードに分かれています。1万円以上2万円未満のふるさと納税をすると、Aグループに区分された景品の中から好きなもの1点が選べるシステムです。
Aグループの景品には、焼酎や椎茸、醤油や味噌などの人吉市の特産品がずらりと並んでいます。江戸時代から続く伝統製法で作られた米焼酎「誉の露白麹・黒麹飲み比べセット」や2年連続モンドセレクション受賞の「彩葉」「深野蔵」 セット、温泉焼酎夢酒器セットなど、焼酎だけでも数多くの種類があり、好みの応じて選べます。
2万円以上3万円未満のふるさと納税でもらえる景品には、熊本県のご当地キャラクターくまモンと地元のシャツメーカーがコラボした「くまモンHITOYOSHIシャツ」など、他にはない珍しいものもあります。

人吉市にふるさと納税する方法

寄付額が30万円以上になれば、人吉市のローカル路線を走る列車をまるごと1両1日中レンタルできる権利もゲットできます。美しい景観の中を走るローカル列車の中で、結婚式や同窓会などが開催できるというユニークなものです。
ふるさと納税による寄付金は、「ふるさとの自然環境及び地域景観を保全・活用するための事業」など6つの事業のために有効活用されており、人吉市のホームページで寄付したお金がどのように使われたのかがチェックできます。
申し込み方法は、「インターネット」または「申込書の提出」のいずれかの方法によります。インターネットによる申込は、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」を経由して行うことができ、ふるさとチョイスではクレジットカードでの支払いが可能です。「申込書の提出」による方法は、郵便局や銀行での振込、現金書留や窓口払いにより支払いができます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう