小京都に隣接する風光明媚な錦町のふるさと納税

熊本県錦町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

人吉盆地にある日本一豊かな隠れ里

熊本県錦町は、熊本県の最南部、人吉盆地の中にあります。西隣は古い城下町が残る熊本の小京都・人吉市です。平野部では米の生産が盛んに行われています。この地方は球磨地方といって、球磨焼酎という米の焼酎の生産でも有名です。米焼酎は、芋やそばの焼酎に比べて臭みがないので、飲みやすいことで人気です。盆地であるため、寒暖の差が激しく、夏は暑く冬は寒い地域です。また、霧もよく発生します。この寒暖の差によって果物の甘みが増すため、町の山間部地域では果物の生産も行われています。また、日本有数の半導体メーカーであるルネサスエレクトロニクス社の工場があります。このため、地方の町であるにも関わらず子どもの割合は全国平均を上回っています。次に錦町のふるさと納税の内容について見ていきましょう。

錦町に残る戦争遺構の保存のために

熊本県錦町には、およそ平和でのどかな田舎町にはふさわしくないような戦争遺構があります。太平洋戦争が激しくなった昭和18年に建設された人吉海軍航空隊基地です。この基地は錦町からお隣の相良村にまでわたる広大なもので、飛行機の基地だけでなく飛行機関連の軍需工場までが付属する巨大なものだったそうです。この人吉海軍航空隊基地跡の保存・活用をはかる費用にふるさと納税の寄付金の使い道のひとつがされています。今は大半の施設が朽ち果てたり再開発で無くなってしまっていますが、それでも相当の数の遺構が残されています。これらをこのまま風化させずに次の世代へと伝えていこうという活動の費用にふるさと納税寄付金を活用しようというのは、他自治体にはあまり見られない錦町特有の使い道です。

気になるふるさと納税特典は

錦町のふるさと納税特典は、特産のお米とフルーツに関連したものです。例えば、桃、梨、いちご、メロン、柿と栗などなど種類も豊富ですが、残念ながら数に限りがありすぐに品切れになってしまいますので、タイミングが肝心です。次にお米ですが、ヒノヒカリそのものをもらうことも出来ます。それぞれ錦町の農家の中から特にこだわりの製法をとっているところが選ばれています。普段食べているお米との違いを楽しめる特典になっています。また、おいしい米焼酎である球磨焼酎も何種類もあり、一度試してみるのもいいかもしれません。お近くの方におすすめなのが、球磨カントリークラブの利用券です。日本プロゴルフ選手権も開かれた由緒あるコースの利用券が土日なら3名分、平日なら4名分もらえます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう