有明海に面した長洲町のふるさと納税

熊本県長洲町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

温暖で過ごしやすい長洲町

熊本県長洲町は、熊本県の北西部に位置しています。西側には有明海が広がっていて、温暖な暮らしやすい地域です。有明海の穏やかな内海を利用したノリの養殖が盛んに行われています。合併などで大きくなった自治体が多い中、長洲町の面積は、約19平方キロと非常に小さな町です。人口も12000人程度です。町の財政が一時期非常に厳しい時期がありましたが、職員の給与カットを始め歳出削減に積極的に取り組んだため、現在はかなり財政は落ち着いています。この取り組みは全国でも先進的な事例として以前、報道されたこともあったほどでした。この町には、有明海を挟んで対岸の長崎県の多比良港へ行くフェリーが発着します。内海をのどかに進むフェリーは揺れも少なくすこぶる快適です。フェリーというと一時代前の乗り物のような印象もありますが、ここではかなり利用者が多いのも特徴です。

長洲町の名産品が並ぶふるさと納税特典

熊本県といえば、馬刺しなどが思い浮かびますが、ここ長洲町は海に面しているので、ふるさと納税特典も海に関連のある物が多いです。まず忘れてならないのが、ノリです。有明海ノリは高級ノリの代名詞ですから、これは外せませんね。ノリは獲れる時期が、天候や気温によって左右されやすいので、出荷時期についてもかなり大きく動きます。その点は注意が必要ですが、おおむね夏から秋にかけて申し込みして冬の間に届くくらいの気長に待つ心が大事ですね。また、ふるさと納税特典にもある有明の遠浅の海で採れた、あさり・ほたて・はまぐり・わかめなどの海の幸の詰め合わせもたまりません。特に貝類はこの地方の特産ですからおいしいですよ。もうひとつふるさと納税特典では有明海で獲れるえびが「つけあみ」があります。このつけあみ、なかなか他では手に入りませんね。

長洲町といえば金魚なんです。

長洲町のもうひとつの特産品が金魚です。残念ながら三大産地とまではいきませんが、かなり有名な生産地なんです。町には「金魚と鯉の郷広場」という名の公園まであるほどです。このように金魚に力を入れている長洲町のふるさと納税特典にも金魚はしっかり載っています。金魚もなかや金魚をモチーフにした長洲町のマスコットキャラクター「ふれきんちゃん」の掛け時計も可愛らしくていいですが、圧巻なのが、金魚を一匹くれるというふるさと納税特典です。もちろん、そこは名産地ですから、そこらの並みの金魚ではありません。「ジャンボシシガシラ」という品種で江戸時代にこの地で品種改良で開発された巨大な金魚です。成長すると全長が40㎝、体重2㎏にも達すると言いますから、もう普通の金魚のレベルではありません。しかも、他地域では入手困難との事。金魚好きな方にはお勧めです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう