荒尾市のふるさと納税の満喫のツボ

熊本県荒尾市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

ふるさと納税をお家で堪能

熊本県荒尾市は世界遺産や干潟等観光地であります。
しかしふるさと納税でありがちな旅行や宿泊クーポンのお礼は存在しません。
その代わり自宅で荒尾市を堪能出来る品揃えとなっています。
荒尾らしい所は選択しに米が無く代わりに
熊本県でおすすめのパン屋にされている荒尾のメロンパンが
商品としてふるさと納税のお礼となっている所です。
これは早く行かないと無くなると言う人気商品なので
遠方の人ならずとも確実に欲しい人なら
ふるさと納税を荒尾市にしてゲットすると言う手段があると言う事になります。
他にも季節限定品の荒尾梨から其れ等の加工スイーツ
などもあり荒尾市を味で楽しむ事が出来る選択肢となっています。
納税の用途にも荒尾市長に任せると言う他の地域より奇抜な選択肢があるのも特徴です。

気安く寄付出来つつ興味深いお礼内容

熊本県荒尾市は海があったり世界遺産があったり伝統工芸品があったりと
いい意味で観光の底上げをしている所です。
そんな荒尾のふるさと納税は寄付が10000円の種類が多彩です
例えば世界遺産になっている万田坑はセット三種類は
グッズを占めた物やお菓子とバックだったりお酒とグッズとお菓子と
利用者の好みによって内容が変わる仕様になっています。
海岸地域なので炭水化物のお礼はお米の代わりにパンが入ってます。
国指定の伝統工芸品である小代焼きもお礼の一つとして出ていますし
荒尾の和糸を巧みが作り上げた肌着も取り扱われています。
また荒尾梨もお礼の一つになりますが季節物なので数量限定の季節品となっています。
30000円以上の寄付のお礼は熊本県産の牛や豚を
荒尾市で上品に加工した品揃えになっています。

ふるさと納税の興味深い用途

熊本県荒尾市のふるさと納税は利用者が用途も選択出来るようになっています。
1歴史文化等復興事業は世界遺産の万田坑を始め孫文にかかわり合う
宮崎兄弟の生家など荒尾の文化と歴史を活かす為に使用します。
2地域の元気作り事業は地区単位で市民と行政が協働して町づくりを行います。
地区単位がポイントです。
3子育て支援制度は支援だけではなく教育環境の充実を目指しています。
少子化が進んでいるのにいまいち浸透していない事を挑みます。
4生き甲斐医療福祉支援事業は荒尾の人達が生き生きと暮らせるようにする為の取り組みです。
5自然環境保全事業は荒尾干潟や希少性植物自生地である事を活かしつつ大切にする活用です。
6荒尾市長になんでんかんでんまかせるバイ(何でも任せましょう)と言う事業は
そのネーミングと用途からふるさと納税がいかに活用されるかが
荒尾市長にかかっていると言う異色ものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう