新鮮なシーフードに舌鼓!天草市のふるさと納税

熊本県天草市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

熊本県天草市のふるさと納税の概要

熊本県天草市は東シナ海に浮かぶ天草諸島にある風光明媚な街です。島原天草の乱で有名な天草四郎の出生地として有名ですが、豊富な海産物にくわえて、近年では温暖な気候を利用してオリーブの栽培も盛んに行われています。
天草市でも「天草市ふるさと応援寄附金」という名称で、ふるさと納税を募集しています。天草市以外に住所のある人が、1万円以上のふるさと納税を行った場合には、天草市の特産品が贈呈されます。ふるさと納税を行ったことを証明する「受領証明書等の書類」は、その年の確定申告に間に合うように発送されます。特産品などの「お礼品」は、寄付の入金確認後10日以内に発送されるというスピーディーな対応が特徴です。ただし、人気のある特産品については、発送されるまで時間がかかることもありますので注意が必要です。

特産品は新鮮なシーフードがメイン

天草市では、ふるさと納税により寄付した金額によって、もらえる特産品が6つのグレードに分けられています。寄附金額が1万円以上2万円未満、2万円以上3万円未満、3万円以上5万円未満、5万円以上10万円未満、10万円以上、そして1万円以上寄付をして、なおかつ使い途で「地域コミュニティづくり」を選択した人だけの「地域おまかせコース」の6つです。
最も寄付金が少ないグレードでも、天草の海で採れた車海老や真鯛などの海産物やはっさくやみかんなど温暖な気候を利用して生産された柑橘類、日本茶などのセットが用意されています。寄付金が10万円以上になると、航空券とホテル宿泊券がセットになった天草旅行や伊勢海老やアワビなどの高級魚だけを7kgも詰め込んだ豪華天然地魚セットも選べます。

ふるさと納税の使い途

熊本県天草市のふるさと納税は、5つの使い途を指定して寄付をすることができます。「地域・産業振興」と「環境保全・文化財保護」、「観光・交流・定住促進」と「市民活動・まちづくり」、そして「おまかせ」の5つです。年度ごとに、寄付使途は多少変更されますが、毎年「おまかせ」が一番人気となっています。
天草市では、毎年寄付をしてれた人の氏名を公式ホームページで公開して感謝の意を表明しています。もちろん、氏名が公開されるのは同意が得られた人のみで、名前を公開されたくない人は拒否することができます。
過去にふるさと納税の寄付金がどのように使用されたのかも、天草市のホームページで写真付きで丁寧に紹介されており、有効に使われていることを確認できるようになっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう