ふるさと納税で寄付すると貰える芦北町の謝礼品

熊本県芦北町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

熊本県芦北町の概要と今後進める事業

芦北町は熊本県南部に位置する市町村で、葦北郡に属しています。町の西側は八代海に面していて、東側は球磨川が流れています。この町の面積は233.98平方キロメートルで、そこに約1万8000人が生活しています。芦北町になる前の市町村では1970年に約2万9000人がいましたが、その後は減少し続けています。そのため、熊本県芦北町は総務省から過疎地域市町村に指定されています。熊本県芦北町は町を元気にするため、2008年からふるさと納税制度を導入しています。ふるさと納税制度が開始してから、2015年3月31日までに累計75件の申し込みが確認されています。ふるさと納税で個人や法人様から寄付されたお金は、芦北高校の支援や子どもの医療費無料化を進めるための事業などで活用しています。

芦北町で育った農作物や芦北牛

熊本県芦北町にふるさと納税した人たちには、町から感謝の印として特産品やサービス利用券が贈呈されます。こういった謝礼品を贈呈されるのは、一定額以上のふるさと納税を行った個人限定です。謝礼品をお歳暮として送りたい場合は、申し込み時にそのような記載をしましょう。最低金額1万円から貰える謝礼品は、芦北産のお米や芦北牛サーロインステーキなどがあります。芦北産のお米は独特な品種で、大関山から流れる綺麗な水を使って栽培されています。食味検査を実施したところ、80パーセント以上の方が美味しいと感じたお米です。芦北牛サーロインステーキは、生産者が拘った飼料だけを与えて育った芦北牛を使っています。芦北牛は和王と呼ばれる黒毛和牛プレミアムの称号を貰っていて、品質と味は確かです。

八代海で捕れた海産物とコテージ宿泊券

5万円以上の額をふるさと納税すると貰える謝礼品は、他の物と比べて豪華な品ばかりです。具体的な内容は、八代海で捕れた特選海産物や町内にあるコテージ宿泊券、ちりめんじゃこセットがあります。八代海の海産物というのは、生魚ではなく地元にある会社で製造された加工品です。お味噌汁の出汁としても使用できるアシアカエビの味噌漬けや佃煮、焼き海老の3品がセットで入っています。コテージ宿泊券は、御立岬公園内にあるマリンハウスという宿泊施設で利用できます。トイレやキッチンやエアコンなど、普段生活していく上で必要なものは全て揃っています。最大8名まで利用できるため、親戚や友人と楽しめるでしょう。最後のちりめんじゃこセットは、八代海近くの港で水揚げされたてのちりめんじゃこを急速加熱させるので、魚の旨味成分が沢山詰まっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう