キャノンのデジカメがもらえる長崎県波佐見町のふるさと納税

長崎県波佐見町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

長崎県波佐見町ってどんな町?

波佐見町は長崎県東彼杵郡にある人口約1万4千人の小さな町です。長崎県と佐賀県との県境に位置しており、長崎県内で唯一海と接していない地町村でもあります。江戸時代から陶磁器の生産で有名で、波佐見焼きの名称で日本全国だけでなく世界中に輸出されてきました。現在も町内にたくさんの窯元があり、毎年ゴールデンウィーク期間中に開催されている「波佐見陶磁器まつり」には、長崎県内外からたくさんの観光客が訪れます。
陶磁器のほかにも米やみかん、肉牛などの農業が盛んです。また、刺し身やお寿司の飾り付けに使われる緑色の葉っぱ(ハラン)の全国的な産地でもあります。
波佐見町のふるさと納税は、ふるさとづくり応援寄附金という名称で運営されています。平成27年にそれまでのふるさと納税制度が大きく見直され、御礼品の種類が増えるなどますます魅力的になっています。

キャノンの最高級コンデジがもらえる

波佐見町に1万円以上のふるさと納税をすると、波佐見町の特産品や豪華なサービスが受けられるようになっています。
波佐見町には、主にデジタルカメラの製造を行っているキャノンの工場があるため、ふるさと納税の御礼品にもキャノンのコンパクトデジタルカメラのプレミアムモデル「Power Shot G7X Mark Ⅱ」や「Power Shot G1X MarkⅡ」などが含まれています。
5万円以上の寄付をすると、波佐見町のリゾートホテル「ホテルブリスヴィラ波佐見」の無料宿泊券や日本棚田百選にも選ばれている町内の観光スポット「鬼木の棚田」で生産されたお米やお茶のセットなど、他所では手に入らないサービスや商品も用意されています。町内の農家が作ったたまねぎや味噌、鶏卵は1万円のふるさと納税で交換可能です。

波佐見焼きの種類が豊富

波佐見町の代表的な特産品である波佐見焼きもいろいろなタイプの商品が用意されており、好みに応じて選べます。女性や子供にピッタリな「小鳥 茶碗&マグカップ」、夫婦で使える「ふた付きマグカップペア」、家族みんなで使える「EVOTRA ご飯茶碗 4枚セット」など魅力的な陶磁器がいっぱいです。
波佐見町のふるさと納税は「耕作放棄地対策」や「人形浄瑠璃、浮立の伝承・育成」などさまざまな目的で利用されており、寄付をする人が使い途を指定することができるようになっています。
ふるさと納税ポータルサイトを経由する方法と、寄付申し込み書を波佐見町の企画財政課に提出する方法のいずれかの方法で申し込みが可能です。寄付金の支払いはクレジットカードや銀行振込のほかに、「Yahoo!公金支払」にも対応しています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう