温泉地として有名な雲仙市のふるさと納税

長崎県雲仙市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

温泉街のふるさと納税制度

長崎県の島原半島北西部に位置する雲仙市は、日本初の国立公園「雲仙天草国立公園」で有名です。標高が高く、夏でも涼しい気候であるため、長崎県内では避暑地としても人気です。また、雲仙温泉や小浜温泉など温泉も豊富で、硫黄の香りと煙が漂う「雲仙地獄」など観光スポットも多いエリアとなっています。
雲仙市でも、平成20年度からふるさと納税制度がはじまりました。市外に住んでいる人が、1万円以上の寄付を行った場合に、寄付金額に応じてポイントが付与されます。ポイント数に応じて、カタログに掲載されている謝礼品の中から好きなものが選べるしくみです。なお、選んだ謝礼品を他の人にプレゼントすることもできます。
ポイントは寄付金200円につき1ポイントで計算され、一回の上限額が2500ポイントに制限されているので50万円以上の寄付をする場合は注意が必要です。

シーフードが充実した謝礼品

雲仙市にふるさと納税をしたときにもらえる謝礼品は、雲仙市近郊で生産された牛肉や豚肉、橘湾で水揚げされた新鮮な水産物、そして地元特産の農産物が中心です。有明海に面した瑞穂町で採れた牡蠣10kg、橘湾でとれた夕焼けカニセットなどシーフードの種類が多いのが特徴です。その他に、島原半島を走るローカル鉄道の島原鉄道関連のグッズや雲仙の蔵元で醸造された清酒、長崎県名物のカステラをはじめとするスイーツなど、盛りだくさんの内容となっています。

地元の農家が愛情を込めて生産した「胡蝶蘭の鉢植えセット」にも125ポイント(2万5千円の寄付金)で交換することができます。また、雲仙市以外への旅行にも使えるJTBやYahoo!トラベルの旅行クーポンなど、食品以外も用意されています。

ふるさと納税の申し込み手順

雲仙市のふるさと納税は、「インターネット」または「郵送・FAX」のいずれかの方法で申し込みできます。インターネットからの申し込みは、提携しているふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」から手続きができます。郵送・FAXによる申し込みは、「ふるさと応援寄附金申込書」に必要事項を記入し、書類を提出します。すると、雲仙市から振込用紙などが郵送されてくるので、指定の銀行口座に入金すれば終了です。申し込み書は市のホームページからダウンロードできます。
雲仙市のふるさと納税は、雲仙市ふるさと応援基金として積立てられ、「みんなでつくるまちづくりに関する事業」「快適で住みよい暮らしづくりに関する事業」など7つ事業に使われています。雲仙市のホームページで、寄付したお金がどのように利用されているかをチェックすることが可能です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう