長崎県壱岐市のふるさと納税は

長崎県壱岐市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

長崎県壱岐市はどんな地域?

壱岐市は長崎県に含まれながら遠く離れた海上に位置する離島であり、福岡市の北西約80kmほどの玄界灘上に存在しています。壱岐市はあ数々の離島の集合体であり、市の大半を占めるのは壱岐島で南北17km、東西15kmほどの比較的大きな島となっています。実に多くの離島が所属していますが、人が住んでいるのは壱岐島の南西にある原島や長島、大島や若宮島などになります。無人島も含めて全体で壱岐市として呼ばれており、市の全域が壱岐対馬国定公園として指定されています。産業は周囲に広がる豊かな海の幸を活かした漁業、稲作を中心とした農業や畜産業が盛んに行われています。麦焼酎発祥の地としても知られており、複数の醸造メーカーも操業しています。ふるさと納税のお礼品も、これらの様々な産業を活かした特産品が揃えられています。

壱岐市のふるさと納税お礼品

長崎県壱岐市のふるさと納税では、1回の寄附に付き10,000円を超えた場合のみ特産品を受け取ることができます。お礼品としては、豊かな海の幸を活かしたウニやサザエ、干物や海産物セットなどが人気を集めています。さらに、ブランド和牛としても知られている壱岐牛の牛肉や加工品、地元で取れた新鮮な野菜セットや日本ミツバチのハチミツなど特色のある食品を中心に揃えられています。様々なメーカーが地元で作った麦焼酎や壱岐旅行を楽しめるプランの他、離島ならではのサービスとして壱岐市に先祖のお墓がある人向けに年一回の清掃や供花などの墓守作業を代行してくれるというユニークなプランもあります。市外に住んでいてなかなかk帰省できない人などには非常に便利なサービスとなっているので、申し込んでみてはいかがでしょうか。

壱岐市の寄付金はどう使われる?

長崎県壱岐市へのふるさと納税では、壱岐市があらかじめ設定している複数の事業の中から、自分の寄付金を活用してもらう用途を指定することができます。市の未来を担う子供たちへの教育や生育環境の充実化を目指す子供に関する事業では、乳幼児に対する医療費の助成や図書購入、学校設備の充実化などを進めていきます。この他、高齢者が住みよい地域になるように地域医療の発展や福祉の充実を目指す事業、壱岐の豊かな自然を守るための事業や古墳群などの歴史的遺産を保護する事業などが用意されています。さらに、地元の様々な特色を活かした観光業を発展させるために観光資源の開発やサービスの充実化といった事業にも力を入れています。これら以外のことに使用して欲しい場合やどれを選べばよいか迷う場合は、あえて指定せずにふるさと納税を寄附することも可能です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう