ふるさと納税で武雄市に寄付すると貰える豪華な特産品

佐賀県武雄市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

武雄市の特徴と寄付金の使い道

武雄市は佐賀県西部に位置する市町村で、隣接する自治体には伊万里市や姫野市があります。町の面積は195.4平方キロメートルで、そこに約5万人が暮らしています。2006年に当時あった北方町と山内町が合併してできたのが武雄市で、その時と比べると人口が減少しています。そのため、総務省から「過疎地域とみなされる一部の地域が含まれている」と指摘を受けています。それでも佐賀県武雄市は魅力的な故郷であり続けるため、2008年からふるさと納税制度を導入しています。ふるさと納税を導入してから2014年までは、寄付申込数が最大で30件ほどでした。しかし、2015年度には個人と法人様から約1万4000件のふるさと納税が確認されています。ふるさと納税で集まった寄付金は、財源として積み立てて開発事業などで有効活用されています。

5000円以上の寄付で貰える特産品

佐賀県武雄市にふるさと納税した方々で5000円以上の額を寄付すると、市からお礼として農作物などの特産品が贈呈されます。しかし、謝礼品を贈呈されるのは個人の方限定です。ふるさと納税で応援した人達に人気がある謝礼品は、豚肉とベーコン詰め合わせセットやレタスフリルアイス、手作りだし巻き卵です。岩楠ポークは日本全国に誇れる豚肉で、一口食べると魅力にハマるお肉と言われており、肉質は柔らかく上質な味わいが特徴です。それをしゃぶしゃぶ用にカットした物とベーコンがセットになっています。レタスフリルアイスは、クリーンな植物工場で水耕栽培されたレタスです。栽培中は工場で徹底管理されているため、虫食いや汚れがなく、無農薬なので安心安全に食べられます。手作りだし巻き卵は、新鮮な生卵と長年培った技術を最大限に活用しただし巻き卵で、地元の方々から愛され続ける逸品です。

最高評価を得た米と牛肉

1年間で総額5万円以上の額をふるさと納税すると、佐賀産和牛の食べ比べセットや懐石料理ペアお食事券、佐賀県武雄市にあるペンションやホテルの宿泊券などが貰えます。佐賀産和牛の食べ比べセットは、佐賀県で5年連続特A評価を受けている「さがびより」というお米20kgとお肉の食べ比べセット1kgがセットになっています。佐賀産和牛もお米同様、A5等級以上の佐賀和牛だけを厳選しています。懐石料理ペアお食事券は、懐石宿の翁屋で使える食事券です。料理の鉄人にも出演経験がある料理人が腕をふるった懐石料理が楽しめます。ペンションとホテルの宿泊券は、商品券同様に転売行為が発覚した場合は無効になります。ペンションでは佐賀のブランド牛を使った料理、ホテルではホテル自慢のシェフが作る料理を堪能できます。一人で楽しみたい方は前者、家族で楽しみたいなら後者を選びましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう