ふるさと納税で貰える白石町の特産品は最高級品

佐賀県白石町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

佐賀県白石町のふるさと納税で進める事業

白石町は佐賀県の中南部に位置しており、約2万4000人が生活している町です。現在の佐賀県白石町は、10年前に旧白石町と福富町と有明町が合併してできた町です。合併時の総人口数と比較すると2000人ほど減少していて、人口の著しい低下が原因で地域社会の活力が低下したため、総務省から過疎地域市町村の指定をされています。2008年のふるさと納税制度が始まったときから、佐賀県白石町は導入している市区町村です。導入当初は12件の申し込み件数が、2015年度の累計申し込み件数は1万件を超えるなど、白石町は多くの県外在住者から支持されています。寄付されたふるさと納税金は、学習環境を充実させてたり農林水産業を振興するための事業の財源に充てて活用していきます。

謝礼品は白石町でとれた新鮮な農作物

佐賀県白石町の特産品は、米やイチゴやレンコンなどの農作物が多いです。このような特産品は、ふるさと納税で5000円以上の額を寄付した限り、謝礼品としてふるさと納税カタログから申し込みができます。5000円以上の貰える謝礼品は、白石産のお米や泥付きレンコンや海苔セットなど、10種類から選べます。白石産のお米は、佐賀日和と陽の光と夢しずくの3種類あります。それぞれ違った親をブレンドさせた米ですが、どれも噛みごたえがあり甘みのある味わいになっています。泥付きレンコンは、作物を育てるには最悪な環境でたくましく育っており、もっちりとした食感の地元産レンコンは全国屈指の人気があります。海苔セットに入っている海苔は、日本で1番品質と生産量が高い者を使用しています。味のりと焼き海苔と塩海苔が1個ずつ入っているので、それぞれの味わいを楽しめます。

最高品質5の佐賀牛が沢山貰えます

ふるさと納税という形で総額5万円以上寄付すると、佐賀牛や佐賀産黒毛和牛をキロ単位で貰うことが可能です。ロースステーキとスライスや肩ロースや牛ヒレの4種類の部位から選択できるので、自分が食べたい部位を貰いましょう。佐賀牛は、日本食肉格付協会が定めている規格の最高品質5を獲得している牛のみが名乗れる名前です。品質が4以下の牛は、佐賀和牛と名前が変わってしまいます。ふるさと納税の謝礼品として申し込めるのは、勿論のことですが佐賀牛です。ロースステーキや肩ロースは佐賀牛ではなく、佐賀県産黒毛和牛を使用しています。この牛は上質な脂を持っていて、すき焼きやしゃぶしゃぶとして召し上がれます。一度に2.5kgほど送られてくるので、食べきれない場合は近所にお裾分けするのも良いでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう