大分県豊後高田市のふるさと納税とは

大分県豊後高田市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

大分県豊後高田市のふるさと納税の特徴

豊後高田市は大分県北部、国東半島西部に位置し、北は周防灘に面しています。
近畿地方以外で平安建築が発見された希少な地域で、国宝の富貴寺や重要文化財の熊野磨崖仏などの観光資源にも恵まれた地域です。

そんな豊後高田市のふるさと納税の特徴は、返礼品申し込みは1万円以上の寄付をした人となりますが、返礼品は2000円から設定されている点にあります。
多くの自治体は返礼品の設定を1万円以上からにしていますが、豊後高田市は1万円以下の設定も多くみられます。1万円以下は2000円、5000円を設定、そして上は100万円までと、幅広く120点以上の返礼品が準備されています。
返礼品は海の恵みを生かした海産物や、ブランド牛。豊後高田市の観光を生かした品々など幅広いラインナップです。

豊後高田市のふるさと納税の使い道

大分県豊後高田市は、ふるさと納税で集まった寄付金を教育の振興・子育て支援等の地域を担う人づくり、高齢者・障がい者福祉の向上、地域防災等の地域の安心づくり、地域振興、産業振興、芸術振興等の地域の元気づくりの3本柱で活用しています。

具体的な活動内容としては、市内の小中学校の学校図書館の充実のための書籍購入、市立幼稚園で使用する大太鼓、木琴、電子ピアノなどの楽器類の購入、市立幼稚園で使用するサッカーゴール、室内用鉄棒、サッカーボール、ドッヂボールなど運動器具の購入、イベント用テントの購入、市内の観光地を巡るボンネットバスの導入、AEDの導入、定住促進パンフレット「豊後高田定住ナビ」の作成、など毎年異なる分野の人々に利益となるよう幅広く寄付金を活用しています。

豊後高田市のふるさと納税返礼品

では、具体的な豊後高田市の返礼品にはどのようなものがあるかというと、まず目につくのは周防灘の海の幸です。
地魚詰め合わせや豊後高田特産ムール貝、活車エビ、かまぼこなどの加工品など、新鮮な海の幸が満載です。
また、おおいた豊後牛のステーキ肉やロース肉などの精肉、肉みそ、ハンバーグやメンチカツ、そして大分といえばのから揚げなど肉類も充実しています。
そして、豊後高田蕎麦といった名産品も並びます。
食べ物以外では、豊後高田市オリジナルロゴを使用したクリアファイルやバッチなどの小物に、温泉宿泊券など観光産業関係の返礼品も充実しています。

これらの返礼品は2000円から設定されているので、寄付は1万円以上からが返礼品の対象になりますが、複数組み合わせて申し込みできるのがうれしいところです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう