ふるさと納税を導入している日出町は町民想いの良い町

大分県日出町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

日出町の特徴と進める事業計画

日出町は大分県の速見郡に属しており、人口が2万8000人が住んでいる町です。大分県日出町の人口は年々増え続けていて、30年前の1985年から6000人以上の人が日出町に移り住んでいます。もともと他の市区町村と合併する予定でしたが、合併を拒否して独自のまちづくりを推進しています。町が決めた目標があり、「人と自然が調和した活気ある町」にすることです。大分県日出町は、2008にふるさと納税制度を導入しています。導入当時は16件の申し込み件数が、2015年は倍以上の180件の申し込みがあり、合計ふるさと納税支援額が1300万円を超えました。支援者から頂いたふるさと納税のお金は、日出町のまちづくり基金として積み立てて、地域間交流や地域文化継承にかかる事業に充てています。

一定額以上寄付すると貰える謝礼品

大分県日出町に一定額以上のふるさと納税すると、町から豪華な謝礼品が贈呈されます。これは一回限りではなく、一年を通して特産品が送られてきます。さらに日出町はふるさと納税をリニューアルしており、1万円以上の寄付をすると5000円単位で25ポイントが進呈されます。これは謝礼品を申し込む際に使用できるポイントです。謝礼品を貰えるのは1万円以上寄付した方限定で、貰える特産品は日出町で作られたご当地セットやコロッケの詰め合わせ、お菓子やお茶の詰め合わせセットです。ご当地セットは、町内にある事業者が販売している商品を詰め合わせたもので、通産大臣賞を獲得したモナカや甘くてヘルシーに焼き上げたドーナツなどが入っています。コロッケは、ホクホクのじゃがいもと豊後牛を使用しています。お菓子の詰合せセットは、ドーナツや色んな味の饅頭が入ったお得セットです。

ふるさと納税高額支援者に贈呈される品

累計で7万5000円以上の額をふるさと納税してくださった方々には、ペアで泊まれるホテルの宿泊券や細工したブローチ、盆栽といった他では手に入らない謝礼品を申し込めます。ホテルは2種類あり、穏やかな海が続く広大な景色を眺められる別府湾沿いにあるリゾートホテル、ウォータースライダーや屋内プールが完備した別府湾沿いのリゾートホテルがあります。次に「つげ細工」を施したブローチは、大分県の伝統工芸品で、職人さん独自の彫刻技術と透かし彫りを応用した完全オリジナル品となっています。最後に17万5000円以上のふるさと納税支援を行った場合は、大分県日出町にある清松園から盆栽を貰えます。運営者は50年以上、盆栽を手がけた熟練者です。時間をかけて作り出された作品の美しさを十分に堪能できます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう