直方市にふるさと納税を行うと

福岡県直方市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

福岡県の直方市の場所

福岡県の直方市があります。北九州市の通勤圏となっていますが、16年ほど前に博多駅から電車を走れる様に改良した所、現在は福岡市の中心部まで通勤できるまでになりました。北九州市とは隣り合っているので、両市の行き来は多く、今は直方市の郊外に大型商業施設が出来た事もあり、休日は北九州市から訪れる客が多いです。その他にもJRの直方駅の近くにも昔からの商店街が残ってます。直方市は工業地域と農業地域、産業地域が明白にわかれているのが特徴になり、工業地域は自動車の関連会社が集約されており、農業地域ではイチゴやブドウ栽培のほか、お米作りも行われています。元々は炭鉱で賑わった地域でしたが、今は閉山後は鉄工業などがメインとなったため、市内のあちこちに団地が存在します。

直方市のふるさと納税を知る

直方市にふるさと納税で有名なのはブドウが人気があります。果物は旬があるので、果物を選ばれる方が多いです。直方市はブドウとイチゴの産地なので、秋はブドウが人気で、時期が終わるとイチゴに移って行きます。イチゴのジェラートのケーキを求める方も見えます。お米も有名で、夏場以外ならお米の注文も可能になってます。時期によって栽培される銘柄は違いますので、2種類・3種類のお米を楽しむことが出来ます。お菓子なら成金饅頭というのがありまして、これは饅頭と言ってますが、白餡を使用したどら焼きとなります。こちらは起業された方のげん担ぎに送られると良いと思います。北九州市近郊のご出身の方には、九州独特の甘口の減塩しょうゆもふるさと納税の品に入ってますので、ふるさとに戻った感じで納税されるのも手段です。

ふるさと納税の品を決める

直方市の近郊は福岡県でも有数の炭鉱地域でした。ふるさと納税も炭鉱地域だったことを思い出させる商品もあります。その反面に炭鉱の閉山後に築き上げた産業の商品も多くあります。期間限定ではありますが、採りたてのフルーツ、それを利用したジェラートに市内の高校の伝統カレーをレトルト化した商品まであります。お米も何件か出されているので、ふるさと納税の寄付のときは迷ってしまいますが、気になる物と引き換えてもらって堪能して頂ければ福岡県も直方市も喜びます。北九州でしか手に入らない醤油などもありますので、お住まいの地域では買えない物をふるさと納税と言う手段で過去に遡るのも手段です。高校の伝統カレーを商品化してるのも珍しいので、カレーがお好きな方は食べてみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう