沖縄県の竹富町にふるさと納税を行う魅力

沖縄県竹富町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

沖縄県竹富町のふるさと納税の対象の方

竹富町にふるさと納税を行うと個人を対象として、その寄附金額に応じて各コース金額の名産品などを貰うことが可能です。1回1万円以上を寄附された方は、お礼の品1万円コースから1品で、5万円以上の寄附を行った場合は3万円コースを1品、1万円コースを2品とできます。
10万円以上の寄附を行った場合は、5万円コースを1品、3万円コースを1品、1万円コースを2品といった具合にすることも可能です。なお最大10品まで組み合わせすることが自由となり、例えば10万円以上の寄附を行った場合では5万円コースの品物を2品としたり、5万円の寄附を行った場合には1万円コースの品物を5品にも自由に組み合わせできます。
沖縄県の日本最南端の町である竹富町独特のふるさと納税によるお礼の品物が揃っており、沖縄県でも人気度の高い町の一つです。

1万円からでも貰える竹富町のお礼の品物

ふるさと納税で1万円の寄附金を沖縄県の竹富町に行った場合、様々な種類のお礼の品物がありますが、島の特産品であるアップルマンゴー1kg分は大変おいしく、この島ならではのお礼の品物です。町に存在するファームで生育されたアップルマンゴーばかりで、完熟された甘酸っぱい独特の実のおいしさは、竹富町ならではの逸品となります。
またふるさと納税の1万円コースでは、ピーチパインやゴールドバレルパイン、餅きび、周辺の沖縄の海の切手シートなどの品物も揃っています。1万円からではアップルマンゴーが人気の上位になりますが、重量からするとパインも人気で南国ならでは農産物がお礼の品として設定されている点がおススメで、毎年、ふるさと納税する価値のある必見の町が竹富町の魅力となります。

高額の寄附金に対応したコースがある

沖縄県竹富町にふるさと納税を行う魅力には、1万円コースでも島の特産品が貰えることもありますが、2万円、3万円と金額が高くなるにつれ、その充実度の度合いが増していく点があります。例えば5万円のふるさと納税を行った場合、5万円コースが存在しますが、2名を対象にシュノーケリングを一日楽しめるチケットが貰える点です。
これは竹富町を観光として訪れた際に有効となり、島の財産でもある周囲の美しい海に潜って海中の世界を堪能する上でも優れています。また特筆すべきは、沖縄県と言えば魔よけのシーサーが有名ですが、陶器で出来た島の芸術品が、高額寄附金の20万円コースでお礼の品物に登場しています。
完全なる手作りによって仕上がった品なので、家の守りとしても活用でき、沖縄県ならではのお礼の品物としても優れています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう