納税者が急増する湧水町のふるさと納税の特典とは?

鹿児島県湧水町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

湧水町のふるさと納税の傾向と特徴について

鹿児島県の北部内陸地域に位置する湧水町は、人口が9800人余りの自治体で、霧島山麓丸池湧水や日本の棚田100選に選ばれた幸田の棚田など、美しい自然や風景が残ります。また温泉地としても有名で、癒しや美しい自然を求めて県内外から沢山の人が訪れるおすすめスポットとも言えるでしょう。鹿児島県・湧水町のふるさと納税の特徴として、「ふるさとを大切にしたい」という目的のもと、納税者は、寄付したい事業項目を選ぶことができること、また、10000円以上の納税者に対し、町の特産品のプレゼントがあるということが挙げられます。湧水町は、過疎地域市町村とされ、比較的高齢化率が高いという傾向がありますが、寄付件数は、2014年は50件前後であったのに対し、2015年は、300件余りと増加しています。

湧水町のふるさと納税の使い道は?

湧水町のふるさと納税の特徴の1つに、納税者が寄付金の使途を選択することができるというものがあります。大きく分けて5つのカテゴリーがあり、未来を担う子どもたちの健やかな育成に関する事業、高齢者が安心して暮らせるまちづくりに関する事業、ふるさとの景観の維持及び再生に関する事業、芸術及び文化のまちづくりに関する事業、その他町長がふるさとづくりに必要と認める事業から選択が可能です。その他町長がふるさとづくりに必要と認める事業の例としては、駅前屋台村や青少年大会出場の補助や、町優良牛造成事業などが挙げられます。寄付の方法としては、申し込み用紙の郵送やインターネットによる湧水町への直接寄付と、鹿児島県の市町村が連携する「かごしま応援寄附金募集推進協議会」を通して寄付の2種類があります。

湧水町へのふるさと納税の特典について

10000円以上の金額を寄付した方には、湧水町より特産品などが贈られます。金額に応じ、礼品の品数が段階的に変わるという設定がされており、プレゼントの内容は自治体のHPにあるカタログから選ぶことが可能です。季節や年度によって、特産品の内容は変わりますが、銘菓詰め合わせ、熟成肉、お米、お茶などの食品がメインになっています。また、宿泊などの体験チケットなどもある場合があります。礼品の目安としては10000円の寄付で、1個となっており、50000円以上100000円未満であれば、寄付額÷10000円+1と、寄付額が多くなればなるほど、返礼品数が多くなる仕組みになっています。詳しくは、湧水町のHPなどで確認してみましょう。HPには、前年度のデーターや使途などが詳しく掲載されていますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう