ふるさと納税で瀬戸内町を支援しよう

鹿児島県瀬戸内町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

鹿児島県瀬戸内町の特徴と寄付金の使い道

瀬戸内町は鹿児島県の奄美群島にあり、総人口が1万人に満たない町です。町の大きさは、239平方キロメートルと比較的広い地域です。人が多く密集する中心街では、産業や飲食などの第三次産業が盛んです。総務省から過疎地域市町村に指定され、2008年からふるさと納税による寄付金の受付を開始しました。2015年度の累計申し込み件数は、3589件で7000万円を超える寄付がありました。その中には、鹿児島県瀬戸内町出身の方や瀬戸内町を応援及び支援する希望者の方々が大半を占めています。ふるさと納税による支援金は、医療福祉の向上や環境整備の保全など、様々な事業を用途に充てています。そのほか、アンテナショップ運営費用やコミュニティFM放送事業など、地域活性化のために使用した物もあります。

1万円以上ふるさと納税のした場合の礼品

鹿児島県瀬戸内町は、個人や法人の方々からふるさと納税があった場合、お礼として町の名産品を町外に住んでいる方に贈っています。瀬戸内町は、カツオやキハダマグロといった水産品とサトウキビや南瓜などの農産品が有名です。1万円以上の金額をふるさと納税すると、前述した名産品のほかに奄美マンゴーやパッションフルーツジュース、サトウキビを使った加工品が返礼されます。奄美マンゴーは、奄美大島の温暖な環境で栽培された完熟マンゴーです。太陽の日差しをたっぷり浴びたマンゴーは、他では滅多に食べられないほど甘くなっています。町の農産品であるパッションフルーツを100パーセント使用したジュースは、全て手作りで作業したことにより、甘みがありすっきりとした味わいです。そのほか、サトウキビを使った黒糖や黒蜜など、本州では召し上がれない貴重な加工品が多くあります。

豪華な真珠のネックレス

5万円以上の多額なふるさと納税をすると、奄美大島で養殖されている真珠を使ったネックレスやペンダントが返礼品として貰えます。最高額の50万円以上を寄付した方には、特別なステーションネックレスが貰えます。使われている真珠は、奄美大島にある海で6年以上の歳月をかけて養殖しています。大きさは最小で6mm、最大で14mmの真珠をK18チェーンで作製しています。使用する真珠はゴールドだけでなく、パールを採用しているネックレスもあります。パールは、女性に人気があるブルー系とホワイト系の2種類があります。養殖しているものですが、殆ど自然で作られています。5万円以上のふるさと納税をした方は、是非選んでみましょう。しかし、選ぶ際にスマートフォンやパソコンによってはイメージと異なる場合があるので、注意が必要です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう