志布志市のふるさと納税のお礼の品が豊富で美味しそう

鹿児島県志布志市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

美味しい新米のヒノヒカリやなつほのか

南九州地方に広がる独特で広大なシラス台地には、古くより自然ろ過された清浄で美味しい湧水が流れ、その水はミネラルウオーターとしても利用されるほどのおいしい水です。また、湧水量も豊富であり旨い米を作るのには必須である美味しい水が存分に使える自然環境が整っています。中でも川崎農産では、種籾から自家製で米作りに取り組み、田植えの際にも丈夫で根が強く張った立派な苗にするべく、発酵有機肥料をつかい土作りをしているそうです。化学肥料を使用する時と比べれば、手間暇はかかりますが残留肥料の吸い込みや米糠を使用することによる旨みの増進などを思えば美味しくて安心安全なお米が育ちますので川崎農産の目指す農業にはぴったりと、頑張ってくれています。そうして育った「コシヒカリ」や「ヒノヒカリ」に「なつほのか」、志布志市のふるさと納税のお礼の品となっておりお勧めです。

鹿児島県志布志市のうなぎ

鹿児島県志布志市のふるさと納税のお礼の品を見ていくと、あまりにも多くの鰻が紹介されているので驚いてしまいます。旨いのは知っておりましたが余ほど自信があるのでしょう。その中でも気になったのが、まずは山田水産の鰻です。一切薬を使わないので鰻を病気にさせない為、養鰻場には担当の方が住み込みで24時間体制で鰻と寝食を共にしているそうです。そこまで気を使って大切に育てた鰻を隣接する加工場でじっくり焼き上げるそうです。使用する水も全て霧島山系の地下水で人が飲めるくらい綺麗な水ですからで臭みもなく美味しい鰻が育つのは当然でしょう。楠田淡水さんもふるさと納税のお礼の品を紹介しており、白焼きこそが鰻本来の旨みを味わってもらえる、という拘りを持った3代目若社長が鰻がすくすく育つ水管理を研究して育てた鰻は大きくて肉厚です。どちらも美味しそう!

ふるさと納税のお礼の品の黒毛和牛

黒毛和牛は全国で約157万3千頭育てられており、その中で鹿児島県に於いては約27万1千頭の飼育と全体の17.1%をも占める、まさに黒毛和牛王国と言えます。黒毛和牛には、きめ細やかな肉質とまろやかなコクがあり黒毛和牛のステーキとしゃぶしゃぶで味わう事こそ、黒毛和牛の中でも最も贅沢な食べ方ではないでしょうか。そうは言っても焼肉で食べても、ローストビーフを食べても、マズい!とは絶対に言わないですね。この黒毛和牛も多くの種類がふるさと納税のお礼の品として紹介されています。そして、忘れていけないのは鹿児島県と言えば焼酎でしょう。とても旨そうで、しかもこんなにいただけるのと感じましたのが「志布志蔵元自慢の焼酎セット」です。15本もの芋焼酎が並んだら、好きな方にはたまりませんね。いずれも一度試してみる価値ありです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう