鹿児島県鹿児島市のふるさと納税

鹿児島県鹿児島市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

ふるさと納税の納金方法

 鹿児島県鹿児島市は、桜島や錦江湾などの豊かな自然に、南九州の中核都市として有名です。そんな鹿児島県鹿児島市のふるさと納税は「豊かさ実感都市・かごしま」を応援するものとなっています。寄附の方法は、大きく分けて2つあります。1つはインターネットにより申し込む方法です。これは、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」から申し込むことができます。2つ目は、市役所に送付する方法です。ホームページから申込書をダウンロードし、必要事項を記入した上で、郵送、ファクシミリ、電子メール、直接持ち込みによって申し込みます。入金方法もインターネットからの場合はクレジットカードが利用できます。それ以外の場合は、金融機関から入金することができます。自身にあった方法を選びましょう。

ふるさと納税のお礼の品

 鹿児島市のふるさと納税では、1万以上の寄附で鹿児島の特産品をお礼の品として受け取ることができます。例としては、「黒毛和牛」「黒豚」「焼酎」「うなぎ」「白熊」「お茶」「かるかん」「さつまあげ」「薩摩切子」「薩摩焼」などが挙げられます。寄付金の金額に応じて受け取れる品が異なります。鹿児島市の場合、1万円ごとに品物が変わるので、比較的低金額でも高品質のものが手に入ります。また、ポータルサイト「ふるさとチョイス」限定の品物も用意されています。より高額な寄付金になると食品以外にも鹿児島市の伝統工芸品や、市内にあるホテルの食事つき宿泊券も用意されています。普段なら手に入らないもの、いけない場所にふるさとに貢献することで手に入れることも、行くこともできるのです。

寄付金の使い道について

 鹿児島県鹿児島市のふるさと納税では、市の取り組みを申込書で選択し、その取り組みを納税することで直接応援することができます。主な取り組みは大きく分けて7つあります。例としていくつか挙げると、まちの魅力を高め、市民・観光客が楽しめるイベントを開催するなどといった取り組みや、桜島大規模噴火対策事業など安全なまち作りに関する取り組み、再生可能エネルギーの利用などの地球にやさしいまち作りに関する取り組みがあります。そのほかにも地域産業、教育、都市環境の充実、行政運営など、その項目は幅が広いです。ぜひ自身がより貢献したい分野を選択し、ふるさと納税を通して鹿児島市に貢献してみてはいかがでしょう。これまでの納税金は年々増加し、昨年度は30,000,000円を超えました。

この記事が気に入ったらいいね!しよう