阿久根市のふるさと納税の詳細とメリット

鹿児島県阿久根市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

阿久根市のふるさと納税の特徴と使途

鹿児島県の北西部に位置する阿久根市は、南北約40キロにわたる海岸線や遠浅の白い砂浜が続く海水浴場、緑豊かな山々などに恵まれた美しい街です。南国ならではの温暖な気候を生かした農業が盛んで、デコポンや甘夏などの柑橘類が有名です。渦潮が見られる黒之瀬戸や笠山観光農園あじさい園、脇本古墳群など、見どころも多く、県内外から多くの人が訪れます。人口は22000人余りで、鹿児島県の中では過疎地域市町村とされており、寄附されたふるさと納税の使途は、地域産業の振興及びその他地域の活性化のための事業のほか、観光の振興、施設充実のための事業 、自然環境及び地域景観の保全のための事業、健康・福祉の充実のための事業、教育環境の充実及び子育て支援のための事業などに活用されます。

阿久根市のふるさと納税の仕組みとメリット

阿久根市のふるさと納税は、「あくね応援寄附金」として、寄附者がその活用方法を選択することができるのが特徴です。市の出身者やゆかりのある方など、市を応援したいという方なら誰でも寄附が可能で、金額の上限は設定されていません。阿久根市に寄附をする方法としては、「あくね応援寄附金」として市に直接申し込むか、鹿児島県が設置する「かごしま応援寄附金募集推進協議会」を通して市に寄附をするという2つのパターンがあります。「あくね応援寄附金」として、市に直接ふるさと納税を行った市外在住者には、市から、謝礼品が贈られます。「あくね応援寄附金」は、自治体に直接申し込みをし、郵貯・銀行で送金をする形になりますが、ふるさと納税サイトのクレジット決済を利用することも可能です。

阿久根市のふるさと納税の謝礼品

阿久根市では、5000円以上の寄附をした市外在住者を対象に、市の自慢の特産品を中心とした謝礼品を贈呈しています。寄附額に応じて、商品の種類や数が選択できる仕組みで、寄附及び謝礼品の申請は、金額の範囲内であれば年に何度でも行うことが可能です。謝礼品の種類としては、みかんやボンタンなどの果物、野菜、干物などの水産加工品、精肉、魚介類、醤油、特産品の詰め合わせなど食品がメインですが、墓地清掃作業や画趣、食器、お食事券なども用意されています。青果などは、収穫時期や生育状況によって、受付や出荷時期が限定されているものがあり、また、売り切れ次第終了になる場合がありますので、あらかじめ自治体のHPやふるさと納税サイトなどで、詳細を確認しておくことをおすすめします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう