ふるさと納税で長野県飯島町を選ぶ

長野県飯島町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

長野県飯島町の特徴的な概要

ふるさと納税に参加する長野県飯島町は、信州の美しい山並みに囲まれた地域にあります。西側には中央アルプスがありますが、東側にはカール地形が特徴の仙丈ヶ岳があり、南アルプスの絶景も鑑賞できる自然風景になっています。このような特性があるため、長野県飯島町は二つのアルプスが見える町としても有名です。歴史もあるのが特徴の町で、江戸時代には三州街道の宿場町として発展しました。1889年には飯島村が誕生し、戦後の1954年には町制を施行して飯島町が誕生しています。その後は順調な発展を続けてきましたが、今回のふるさと納税の支援によって、今後も成長するための基礎が作られることが期待できます。生まれ故郷の飯島町を離れて暮らしている人や、観光で訪れてみたい人も、ふるさと納税を利用して応援できます。

飯島町から贈られる特典

特典として選ばれているものには、山里の恵みとして貴重な山菜類があれば、彩りが美しい花々もあるのが特徴です。澄み切った空気と山沿いの水の恵みで作られた米を選ぶと、食味が素晴らしい品質を存分に堪能できます。飯田町も他の長野県の地域と同じで、リンゴやブドウなどの果樹栽培が盛んです。二十世紀梨もフルーツの特典に加えられていますので、秋の時期には試してみてはいかがでしょうか。この地域では昔から馬を利用する食文化が根付いているため、特典の中には馬刺しも用意されています。スイーツの種類では、季節のお菓子詰め合わせを選ぶことができますから、甘いものが欲しいときにも重宝します。ふるさと納税の変わった特典としては、地元の蕎麦道場で利用できる蕎麦打ち体験の利用券もあります。

飯島町に集められた寄附金の使い道

全国から寄せられた寄附金は、長野県飯島町の自然や生活環境を保全するなどの目的で使われます。二つのアルプスに囲まれた自然環境を残すことは、飯島町の観光振興にとっても重要なことです。自然破壊を未然に防ぎながら、人間と動植物が共存できる環境を構築することで、原生林や水源地も充実した状態で維持できるのです。使い道としては、子育て支援と教育の充実を目指す事業も重要です。飯島町は山間部に位置していることから、過疎化も大きな問題になっています。子供と親が安心して暮らせる街づくりを行うことで、結果的には長く永住することが可能になります。ふるさと納税で選択できる使い道の中には、町長におまかせできるコースも用意されていますから、総合的な目的で支援したい場合にも役立ちます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう