ふるさと納税で山梨県笛吹市を応援

山梨県笛吹市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

山梨県笛吹市の全体的な特徴

ふるさと納税に参画する山梨県笛吹市は、甲府盆地に位置する都市です。周囲を奥秩父山地や御坂山地に囲まれる状況で、富士川水系に属する笛吹川が流れ、水と緑が調和した景観が作られているのが特徴の都市です。市名も笛吹川に由来することから、都市開発や自然保護の分野においても、河川の維持管理が重要になる地域です。地形の特徴は盆地でありながらも、高低差のある河岸段丘になっていることから、果樹栽培に適した土地環境が充実しています。この恩恵を受ける形で、山梨県笛吹市は桃の大産地になっています。この街を紹介する場合には、桃源郷と呼ばれることも多いため、ふるさと納税の分野でも情報が活かされています。春には菜の花や桃の花の景色が美しい地域ですから、ふるさと納税で興味を持ちながら、実際に訪れてみてはいかがでしょうか。

ブドウと桃の特典を選ぶ

笛吹市は桃源郷と呼ばれるだけあって、果実の桃は特典にも選ばれています。ビニールハウスの温暖な環境下で育った桃は、糖度が十分に高くなるのが特徴です。ハウス栽培の桃は初夏の味覚として貴重なものですから、旬の季節にふるさと納税を利用する場合には、試してみる価値は十分にあります。桃と同様に甘味が濃厚な果実では、山梨県特産のブドウも同時におすすめできます。ブドウについても甲府盆地の気候に適応して育てられるために、品質は非常に高くなっています。品種にはデラウェアや巨峰などがあり、夏の時期を中心にして楽しめます。夏の真っ盛りの時期になると、ハウス栽培の果物に代わって、今度は露地栽培の桃を特典として選べるようになります。冬場の時期になると、あんぽ柿を特典として選べることも、笛吹市の魅力の一つです。

寄附金は桃源郷の保全と活性化のために利用

山梨県笛吹市は、ふるさと納税の使い道には選択肢を設けています。使い道の基本になるのは、日本一の桃源郷の保全と活性化を促進する事業です。桃源郷を保全するための努力を行うことで、自然を恒久的に守り続けて、人間と動植物が共存できる環境が構築されることになります。四季を通じて花の美しい景色を楽しんでもらうためにも、寄附金の一部が活用されます。観光宣伝の事業に関しても、ふるさと納税の寄附金を上手に利用して、効果的な形で進められることが重要です。河岸段丘や盆地の自然を守りながら、人々が暮らしやすい環境も整備することで、未来に向けて希望を持てる都市にすることができるのです。これらの事業で桃源郷の理想が構築されると、ふるさと納税の目的も達成されることになりますから、郷里の発展を願う人たちの満足度も高まります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう