お米を主体としたふるさと納税のお礼の品が多い福井市

福井県福井市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

福井市のふるさと納税の現況

福井市は福井県の嶺北地方に存在する中心都市で人口が約26万人を擁し、稲作栽培が盛んな地域です。福井市の過去5年間のふるさと納税の件数は、2011年が79件、2012年が73件、2013年が77件、2014年が98件、2015年が168件となっています。
ふるさと納税の寄附総額については、2011年が7,033,561円と最も少なく、2015年が件数と共に最も多く、13,475,625円となります。福井県の中でも過疎とみなされる地域も存在し、歳入に占める地方交付税の割合も9.7%で、平均を下回っている特徴が見られます。
近年はふるさと納税のお礼の品の充実度も増し、福井県内でも寄附される都市としては人気が出て、お礼の品物に福井県の有名な特産品の越前ガニの受付を開始するなど話題になっています。

福井市にふるさと納税を行う魅力とメリット

福井市にふるさと納税を行う上では、1万円以上から3万円未満、3万円以上から5万円未満、5万円以上から10万円未満、10万円以上から15万円未満、15万円以上という様にお礼の品物に違いが出ます。従って該当するお礼の品物を欲しい場合には1万、3万、5万、10万、15万という具合に切りの良い数字での寄附が得策となります。
その大きなメリットとしては、福井県の特産品である米をお礼の品物として選択することができることです。これは水の綺麗でコシヒカリのふるさととしても知られ、全国的に有名な米が美味しい県として知名度があるからです。
日本人の毎日の主食である美味しい米をお礼の品物として貰えるのは実益にも優れ、寄附する大きな理由となります。また使い道についても幾つもの事業に振り分けることも可能で、福井市内の各エリアの街づくりに用いることも選択可能です。

福井市のふるさと納税の寄附で得られる品々

福井市の東郷地区は、市内でも一番おいしい米が獲れるエリアとしても知られ、そこの米をお礼の品で選択できる点が優れています。他には東郷米の他に美山産の米、ひかるちゃんやゆうたくんといったキャラクターが付いたコシヒカリの米を選択することも可能です。
もちろん米だけでなく、最近では5万円以上の寄附を行えば、越前ガニをお礼の品物として選択できるようになり、これは目玉となっています。一方では15万円以上の寄附を行った場合、福井市が有数の降水量を誇る関係からご当地のブランド傘がお礼の品物に登場します。
見た目のデザイン性にも優れた高級傘で、メガネフレームと同じ素材や特殊な繊維を用いており、福井県の産業を結集して製造された傘となり、注目されます。このように実益から話題性のある品物も多いのが福井市のふるさと納税のお礼の品物の特徴です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう