独特の特産品が揃っている永平寺町のふるさと納税の魅力

福井県永平寺町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

永平寺町の寄附件数や寄附金額の推移

永平寺町は、福井県の中心都市の福井市の北部にある自治体で、福井県の観光スポットの一つである永平寺の門前町として栄えた場所となります。永平寺町でも近年はふるさと納税に力を入れており、寄附した場合のお礼の品の充実も図っています。
過去5年のふるさと納税の実績では、まず件数としては2011年が29件、2012年が23件、2013年が25件、2014年が16件、2015年が100件ちょうどと2015年には急激に件数が増えて推移しています。なお永平寺町の歳入に占める地方交付税の割合は40%を超えているため、魅力的な街づくりのためにはふるさと納税が欠かすことができないのが現状となっています。
また5年間で寄附金額が多かったのは、2015年の3,278,000円で2011年の寄附金額より5倍近くとなります。

ふるさと納税でお礼の品物を貰う方法

永平寺町のふるさと納税においては、寄附金額に応じてのコース制を採用しています。コースの種類については1万円コース、1万5,000円コース、2万円コース、3万円コース、5万円コース、10万円コースと分けられます。
そのコース制ではお礼のコースの合計金額が寄附金額の範囲内であれば自由に組み合わせを行うことが可能です。例えば5万円の寄附をした場合、5万円コースを一つ選択したり、1万円コースを五つ選択したり、3万円コースと2万円コースを選択したりすることができます。
ただ限度として組み合わせ出来る個数については、最大で十個までとなっているので注意が必要です。また対象となる人は永平寺町に住んでいない方となり、お礼の品物のお届け日を指定することはできなくなっています。

豊富な種類も魅力な永平寺町のお礼の品物

永平寺町のふるさと納税の魅力は、歴史ある永平寺と共に発展した街であるため、その永平寺で食べられる精進料理に欠かせない食品が多い特徴があります。例えば精進漬けだったり、ごま豆腐、永平寺そばだったりです。
他には福井県の米が美味しいと評判のことで、永平寺町周辺でとれる米も有名でそれもお礼の品物として選択できたりします。その米の名前はれんげ米と言われ、福井県の特別栽培農産物認証制度により認証され、農薬・化学肥料の不使用のお米です。
その名前の由来は、れんげ草を肥料として撒いて育てたお米であるため、そう言われています。また米や綺麗な水などで製造されたお酒や天然染料を使って染め上げたタペストリーやのれんなどもあります。
永平寺町ならでは特産品が多いため、お礼として貰っても喜ばれることが多いです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう