福井県の中でも人気の高いあわら市のふるさと納税

福井県あわら市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

あわら市のふるさと納税の現況

あわら市は、福井県の中でも北端に位置し、石川県との県境にある都市です。人口約3万人で歳入に占める地方交付税の割合も21.5%と全国平均よりも多い特徴が見られます。
あわら市の主要産業の一つに芦原温泉があり、温泉街による観光スポットとして有名で福井県の中でも知名度もある自治体です。過去5年間のふるさと納税の寄附件数と寄附金額については、2011年が40件で610,000円、2012年が75件で1,020,000円、2013年が112件で1,555,000円、2014年が118件で2,047,000円、2015年が1,490件で49,953,766円となっています。
2015年度はふるさと納税のお礼の品物の充実が図られたことで、多くの方からの寄附が殺到したのも理由の一つになっています。

ふるさと納税のお礼の品物を受け取る方法

あわら市でふるさと納税のお礼の品物を受け取る上では、10,000円以上の寄附が必要です。お礼の品物の種類も豊富で10,000~20,000円未満、20,000~30,000円未満、30,000~40,000円未満、40,000~50,000円未満、50,000円~100,000円と寄附金額ごとに分かれています。
使い道については、芦原泉駅周辺の活性化、学校事業、北潟湖や竹田川の自然の整備、その他あわら市を元気にするための取り組みなどの指定を行うこともできます。また寄附をするたびに年度を通して、何度もお礼の品物を受け取ることができるのは魅力で、それも2015年度が1,000件を突破したことにも繋がっています。
また福井県の中でも寄附されることが多い自治体の一つとして、人気のある市があわら市です。

ふるさと納税によるお礼の品物の内容

あわら市のふるさと納税のお礼による品物の特徴は、1万円台の寄附からセイコガニ、地元の新鮮野菜、若狭牛の牛すじ、かまぼこを始めとする貰ってうれしい食材を中心に展開している点です。2万円台の寄附では地元の芦原温泉の宿泊利用券や地酒、干し柿、スイカ、梨などの名産品も見られます。
また寄附の金額が高くなるほど、若狭牛、セイコガニ、越前ガニという興味を惹きつけるお礼の品物が並び、自ずと人気が出る理由を知ることもできます。一年を通して何度も受け取ることができるのは、大変な魅力にもなっています。
カニの発送はカニ漁の状況に応じて遅れることがありますが、お礼の品として受け取る上でも人気が高く、セイコガニからズワイガニ、越前ガニはカニ好きの人にとっては堪らない逸品となり選択されることも多い品物に分類されます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう