ふるさと納税を羽咋市にと決めた時は

石川県羽咋市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

石川県羽咋市という所は

石川県羽咋市をふるさと納税をする所と選んだ時にその読み方が難しいと思う人もいます。「はくいし」です。その昔は「羽喰」と書いて、地名の由来は古墳時代にさかのぼる歴史のある人口は約21,500人の市で、山と海に囲まれた自然豊かな、日本海に突出している能登半島の付け根に位置しています。日本でここだけの車で走ることができる砂浜、千里浜なぎさドライブウエイがよく知られています。そこは普通車もバスもバイクも自転車での走行もできるところです。ローマ法王に平成17年に日本で初めてローマ法王に献上されたお米の産地である美しい棚田の風景は懐かしさと豊かさを感じられます。北陸随一の五重塔があり、10棟の国指定重要文化財を有する妙成寺、2000年の歴史を持つ縁結びの大社と言われる気多大社などがあり、海の幸も満載の羽咋市です。

羽咋市ではふるさと納税の使い道が

自分で石川県羽咋市へふるさと納税という形の寄付を決めた場合には、その使い道も選ぶことができます。1・地方創生分野として、羽咋市における安定した雇用の創出、新しい人の流れを作る、若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる、時代にあった持続可能な地域を作り、地域同士の連携する。2・教育スポーツ分野、学校施設・教育環境の充実・児童や生徒の全国大会出場支援など。3・市民憲章推進分野、羽咋市の市民憲章は「こんな市民になろう」「こんなまちをつくろう」との希望や意見により「しみん共同のちかい」としてまとめられたもので、代表的な実践活動は「なぎさクリーン活動」があります。4・福祉分野、高齢者への介護などの福祉の充実やひとり親家庭への支援など。5・おまかせ、1〜4のふるさと納税の使い道として指定を市長に任せるなどを選ぶことができます。

ふるさと納税の魅力のお礼の品は

ふるさと納税の寄付をする時の大きな魅力となるものの1つにお礼の品があります。羽咋市でのお礼は5,000円以上の寄付をした人全員に、美しいふるさと応援団の団員証がもらえます。これは、市内の協力店に提示すると様々な特典や優待サービスを受けることができます。10,000円以上は能登半島・羽咋市を感じられるような市内各店おすすめの品がたくさんあり選んでもらうようになっています。米、豚肉、イノシシの肉やソーセージ、日本海の干物、旬の野菜、地酒、焼酎、能登のはとむぎ茶、お菓子、和紙織りストール、カーボン繊維の印鑑ケース、焼き物、地物の花など40数種類の中から選ぶことができます。15,000円、20,000円、30,000円、50,000円以上となる時にも能登半島羽咋市を感じることができる品が用意されています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう