珠洲市へふるさと納税の寄付をして

石川県珠洲市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

ふるさと納税をする珠洲市は

珠洲市は石川県能登半島の先端にあり、人口は約14,300人で本州にある市の中で人口が1番少ない市です。特産品には天然塩、能登牛、木炭、竹筆、いも菓子、心太など数多くのものがありますが、珪藻土が市内のほぼ全域から産出されており、これを利用した七輪は江戸時代から生産されています。12世紀後半頃から15世紀末頃に珠洲焼が生産されました。戦国時代には廃ってしまったのですが1970年代に伝統工芸として復活しています。珠洲市には観光スポットがたくさんあり、能登のシンボルともいえる見附島はその形から軍艦島とも呼ばれていて1度見ると脳裏に焼きつく印象があります。また、能登半島の最先端にある禄剛崎灯台は晴れた日には遠く立山連峰や佐渡島を望むことができます。道の駅にあるすず塩田村や冬の風の強い日に海岸線に波の花を見ることができます。

石川県珠洲市のふるさと納税使い道は

石川県珠洲市へふるさと納税として寄付をした場合の使い道は「美しい里山里海の自然環境の保全」「子供達からお年寄りまでが元気に暮らせる住みよいまちづくり」に活用されます。平成27年度分では、生活習慣病の予防や健康づくりの拠点として「元気の湯」をリニューアルオープンしたのですがその整備事業費の一部はふるさと納税を活用しています。市内全小中学校にタブレット端末の設置を進めていますがその一部にふるさと納税が活用されています。また、老朽化した保育所の改修事業の一部にふるさと納税を活用しています。そして、市立保育所の保育料引き下げにも活用されています。石川県珠洲市へのふるさと納税としての寄付はその使い道を毎年サポーターの皆さんにふるさと通信として知らせています。

石川県珠洲市へふるさと納税で特産品を

石川県珠洲市へのふるさと納税をする時の方法にはクレジット決済、郵便払込、口座振込、現金書留、現金持参などがあります。その寄付金額によりいろいろなギフトが用意されています。肉・魚介類(能登牛や活さざえ、加能ガニ)、地酒(日本酒、焼酎)、宿泊プラン(市内宿泊施設宿泊券)、野菜・果物・加工品(季節の野菜詰め合わせ、りんご、ラフランス、珠洲の乾物セット、干物セット)、菓子・飲料(大吟醸ブラマンジェ、しおゼリー、塩スイーツセット、能登大納言セット、アップルバームクーヘン、広報すず&カレンダー、広報すず&塩)、暮らしの逸品(切出し珪藻土、切出し珪藻土バスマット、珪藻土消臭パッド靴用・ブーツ用・洋服用、ミニチュアきりこ、郷土玩具セット、珠洲の石鹸セット)と特産品が取り揃えられており、ふるさと納税の寄付金額により選べるようになっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう