氷見市へのふるさと納税をすると

富山県氷見市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

ふるさと納税をした場合には

富山県では氷見市をはじめとして各市町村で「ふるさと納税」制度に取り組んでいます。ふるさと納税制度は応援したい地方自治体に対しての寄付制度になっています。ふるさとは自分の出身地だけでなく、応援したいと思う自治体にすることができます。富山県氷見市へ「ふるさと納税」がされた時の使い道には1・市民の健康を守る保健医療の充実、2・豊かな自然・美しい景観の保全、3・観光・地域産業の振興、4・子どもたちの教育環境の充実、5・指定なし(市長におまかせ)の5つの事業メニューから選ぶことができます。それぞれには市民にとっての健康維持や自然環境の保全や公園の整備や魅力ある観光地となるようにしたり、子どもたちの教育や地元の産業の振興や発展などに有効となる活用例も示されています。

氷見市からのお礼の品には

富山県氷見市に「ふるさと納税」をされた人に対しお礼の気持ちとして氷見市の特産品が送られます。特産品は1口10,000円以上寄付された方に1品選ぶことができます。まろやかで飲みやすい芋焼酎2本セット、さつまいも・3種類5kg、地酒720ml2本、氷見産のコシヒカリ10kgや自然乾燥をしたコシヒカリ5kg、氷見産のハトムギを使用したお茶のペットボトル24本、ハトムギを焙煎したお茶、富山湾の海洋深層水を使った梅干し、氷見稲積梅を使った梅酒、自然豊かな所で育った氷見牛カレー(レトルトパウチ)4袋、氷見産の干物一夜干し、するめ、いわし、さば、かます、ぶりの子(こずくら)などの詰め合わせ、毎日の食卓に欠かせない煮干しや、みりん干し、氷見名産のうどん、バームクーヘンなどいろいろと選ぶことができます。何回でも寄付をして好みの物を選べます。

氷見市へふるさと納税の寄付をすると

氷見市へ「ふるさと納税」の寄付をする時はインターネット、電話、FAXからすることができます。電話での申し込みは平日8:30分〜17:15分で、FAXでは氷見市ふるさと応援寄付金申込書に記入をして送付します。ホームページ上から申し込み、クレジット決済をした場合はそこで手続きは完了となります。郵便振替を希望した場合は納付書やお礼の品のパンフレットが送付されます。お礼の品の発送は1ヶ月程度の猶予となっています。寄付をした後には「寄付金品受領書」が送付されますが、それは確定申告時に必要となります。氷見市へふるさと納税として寄付をすることで、メリットがあります。それは氷見市からお礼の品をもらう、年収や家族の構成などにより控除額は違いますが税金の控除となり、自治体に対して使い道が選べることです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう