ウィンタースポーツのメッカの湯沢町のふるさと納税の概要

新潟県湯沢町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

湯沢町のふるさと納税の現況

新潟県の湯沢町は、スキー場を始めとするウィンタースポーツの盛んな地域で、東京都心部からも多くの娯楽観光客が訪れる町として知られています。人口は約8,000人で歳入に占める地方交付税の割合は2.4%と全国平均よりも大幅に下回っています。
最近の湯沢町のふるさと納税の寄附件数は、2011年度が19件、2012年度も19件、2013年度は22件、2014年度は35件、2015年度は621件と推移しています。寄附金額は2011年度が2,753,500円、2012年度は3,546,000円、2013年度は1,778,516円、2014年度は2,773,361円、2015年度は25,617,000円と推移しており、最も多いのは2015年度で2016年度もそれに近い形で推移すると予想されます。

湯沢町のふるさと納税の使い道や特徴

湯沢町は新潟県内でも冬期シーズンの観光・レジャーが盛んな地で、夏期シーズンでも避暑地としても別荘やキャンプ場も整備されているため、一年を通して人が訪れるスポットとしても栄えています。湯沢町のふるさと納税のお礼の品物は、新潟県でも珍しく、「ありがとう湯沢」応援感謝券という地域振興券が貰えます。
町外に住んでいる方限定で、6,000円から寄附を行うことが可能で寄附金額の半額相当の該当する券が進呈され、寄附金額の上限は存在しません。集まった寄附金の使い道は、「湯沢こころのふるさと基金」を設けて、それを積み立てた後に6つの事業に活用されます。
自然と景観を守る事業、子供や高齢者、障がい者に優しい街づくり事業、都会との交流を進める事業、文化や伝統等を守る事業、観光産業等振興事業、他に町長が必要とした事業です。

「ありがとう湯沢」応援感謝券の魅力

「ありがとう湯沢」応援感謝券は、ふるさと納税のお礼として湯沢町が発行する地域振興券で、町内の民宿・ホテル、旅館などを始め、スキー場や商店などのお店で使用できます。寄附金額の半額相当を貰え、例えば寄附金額が1万円の場合はその半額の5,000円を1000円チケット×5枚の形で進呈されます。
有効期限日は領収日から一年間だけ有効となり、使える店舗や施設も町内のほとんどのお店などで使用でき、ネット上のPDFでも一覧として確認することも可能です。この感謝券の転売は禁止になっており、現金と引き換えたり、つり銭をお返しすることができない特徴もあります。
湯沢町に観光で訪れた場合などで利用できるので、将来、旅行などで現地に行く予定がある人は、寄附を行い感謝券を入手すると商品を購入したり、サービスを受けたりする上で重宝します。

この記事が気に入ったらいいね!しよう