ふるさと納税で貰える豊明市の特産品とがん検診

愛知県豊明市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

豊明市の概要とふるさと納税を使った事業

豊明市は愛知県の中央部に位置する市町村で、隣接自治体には大府市と県庁所在地の名古屋市があり、豊明市は名古屋市のベッドタウンです。市の面積は23.22平方キロメートルで、そこに約6万9000人が暮らしています。1平方キロメートルあたりの人口密度は2971人です。高齢者と子どもの割合は全国平均とほぼ同じで、愛知県豊明市の人口は年々増加しています。市民が住みやすいまちづくりをするため、2008年からふるさと納税制度を導入しています。導入年から2014年度までは年間5件ほどの申し込みでしたが、2015年はこれまでと比べ物にならない1506件の申し込みがありました。この年度のふるさと納税の寄付金は約2300万円が集まっています。ふるさと納税で寄付してもらったお金は、防犯防災に関する事業など5つの事業で活用しています。

ふるさと納税で貰える謝礼品

ふるさと納税を使って明日の愛知県豊明市を応援してくださった方々には、地元の特産品やサービス利用券が贈呈されます。このような謝礼品を貰えるのは、7000円以上のふるさと納税をした個人限定です。謝礼品の中で特に好評なのは、地元産卵の味比べセットやソーセージお試しセット、地元産のお米です。卵の味比べセットは、国産の鶏を市内にある養鶏場で安心安全に拘って育てられたタマゴが入っています。新鮮な生卵と温泉卵、卵を使った加工品3種類がセットに入っているので、様々な味を楽しみましょう。ソーセージお試しセットは、豊明市にある会社で飼育している豚から作った4種類のソーセージの味が楽しめるセットです。地元産のお米とは正式名は「ゆめまつり」という商品で、木曽川を流れる綺麗な水を使って栽培されています。お米の親は、どちらもブランド米として販売されている米です。

ご当地銘菓と最新のがん検診

ふるさと納税寄付総額が3万円以上と100万円以上で貰える謝礼品は、7000円とは比にならないほど豪華です。その内容は、お手入れと掃除ができるペット用品やご当地銘菓、大学病院の検診フルコースなどがあります。飼っているペットのお手入れと掃除が出来るセットは、水性洗剤の「パッとりくん」が入っており、水の力を使ってペットの糞尿が落ちた場所を綺麗に除菌できます。泡が出ないので二度拭き不要の優れもので、除菌以外に消臭効果があります。次にご当地銘菓は、桶狭間合戦で舞台となった豊明市のご当地銘菓です。舞台に因んで桶狭間太鼓というせんべいで、ひまわりの種と黒豆の甘さと深い味わいが特徴です。最後の大学病院の検診フルコースは、最新鋭の医療機器を使って全身のがん検診などを行ってもらえます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう