新潟県妙高市のふるさと納税を活用して地域支援を行う

新潟県妙高市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

新潟県妙高市の魅力を紹介

妙高市は新潟県の南西部に位置し、約32000人の人口を有する都市です。市域には妙高山などの山脈が連なり、広大な妙高高原の景色が魅力的になっています。市内では関川という河川が流れ、美しい山並みを背景にする形で、豊かな水辺空間を創出しています。この地域の冬は日本海側気候になる影響で、積雪量も非常に多くなりますが、豊富な雪解け水を生み出しています。豊富な雪があるために、冬の季節にはスキーの本場として、多くの観光客を迎え入れます。一方で、秋の季節には紅葉も美しいために、ハイキングやドライブで訪れる人も少なくありません。このような多彩な魅力がある新潟県妙高市は、ふるさと納税による支援も受け付けています。興味を持った場合には、ささやかな支援をすれば、地域交流も進めることができます。

妙高市の地場産品を特典として選ぶ

新潟県妙高市のふるさと納税には、地域で人気の食材や名産品が特典に加えられています。地場産品セットには「かんずり」という発酵調味料をはじめとして、この地域の風土が育んだ食品が入っています。妙高市の特産品となる「あっぱれ逸品」に選ばれた特典には、地元産の銘柄米も入っていますから、米所の新潟県らしい魅力が詰まっていることになります。地場産品セットの中でも、贅沢な内容になっている種類では、地酒が入っているものがあります。ふるさと納税の機会を通じて、この地域が伏流水や米が美味しいことを理解して、同時に地酒を特典としてもらうことができるのです。特産品のセットには、生産者の愛情がしっかりと詰まっていますから、ふるさと納税で利用することで互いに交流することができます。

妙高市が考える寄附金の使い道

新潟県妙高市では、ふるさと納税の寄附金を活用するために、いくつかの事業を展開しています。農山村地域の資源を活かした都市との交流等グリーンツーリズムに資する事業では、農業体験を実施することで、農産物の価値を高める運動を実施していきます。農業体験を受け入れる農家を育成したり、菜の花などの畑を作る事業でも活用されます。貴重な妙高山の自然を保護して、子や孫の世代に伝える事業ですから、ふるさと納税の寄附金があると大きな力になります。その他には、温泉などの資源を活かした事業や健康を増進させる取り組みでも使われ、総合的な満足度を高めることを目指す内容になっています。さらに、歴史ある文化遺産を継承したり、スポーツ資源を大切にするための事業でも寄附金が活かされます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう