見附市が行うふるさと納税の内容

新潟県見附市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

見附市の紹介とふるさと納税の推移

見附市は人口41,203人を有する、新潟県内では最も小さな面積を持つ市です。新潟県のほぼ中央、中越地方に属し、市域は平坦で、面積の5割近くを田畑が占めるなど県内でも有数の田園地帯を有しています。北陸自動車道を始めとした交通網にも恵まれており、長岡市への通勤圏内ともなっています。
見附市のふるさと納税は、制度初年となる平成20年から、概ね、フラットな状態で推移をしています。平成20年には2,951,000円の寄附があり、翌21年には3,924,900円、22年には3,200,000円と、平成26年までは300万円台が続いています。平成27年においては大幅に増加をしており、1,143件の寄附件数に対して、50,900,101円の寄附金額が寄せられています。

ふるさと納税が活用される事業内容

新潟県見附市では、ふるさと納税の活用として4つのまちづく」を掲げており、他に、使途指定のない、市長権限による「その他」として寄附金の活用が行われています。
活用内容には、子育てや福祉、医療や環境等に関する「人と自然が共生し健やかに暮らせるまちづくり、防災や交通、住環境等の整備に利用される「安心安全な暮らしやすいまちづくり」、産業振興を中心として活用が行われる「産業が元気で活力あるまちづくり」、教育や生涯学習、地域間交流を目的として活用が行われる「人が育ち人が交流するまちづくり」があり、「その他」を含めて、申込では、事業を指定して寄附をすることができます。
寄附において、指定事業が無い場合には「その他」を選択することになり、ここでは、市政一般への活用を希望する場合にも利用をすることができます。

ふるさと納税の返礼品について

長岡市では、ふるさと納税のお礼に返戻金の制度を設けています。返礼品は10,000円以上の寄附を行った人が対象となり、同時に、見附市紹介DVD「見附に住もう」及び広報誌「広報見附」(1年分)が贈られます。
用意されている返礼品には、10,000円~29,999円、30,000円~49,999円、50,000円~99,999円、100,000以上の4つがあり、寄附金額に応じて商品を選ぶことができます。商品はA~Dまでの記号分けされており、それぞれのコースは、選べる内容に関して記号にて表示が行われています。例えば、Aには5つの商品がラインナップされており、10,000円~29,999円の場合にはAから1商品を選ぶことになります。Aは他のコースでも選ぶこともでき、因みに50,000円~99,999円ではCの代わりにAから6商品選ぶこともできます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう