静岡市のふるさと納税の返礼品とは

静岡県静岡市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

ふるさと納税をするのなら、静岡県静岡市

静岡県というのは、東京と名古屋の間に位置しており、温暖な気候で農産物も適度に収穫できると土地になります。その中でも静岡市というのは、県庁所在地であってかなり観光地としても見所がたくさんあります。みかんやいちご、野菜だけでなく、清水港で獲れる魚介類も豊富であって、とても恵まれた土地でもあるのです。
ですから、ふるさと納税においてもいろいろな返礼品があったりするのです。豊富な農畜産物だけでなく、体験型の品物もあります。ですから、選択肢はかなりあるので、検討するだけの価値があるといえましょう。文化や芸術のジャンルでの品物もありますから、食べ物に限らず楽しむことができることでも知られているのです。
まずはインターネットで情報を得るところから始めてみるといいでしょう。

静岡市の名産品を受け取る

静岡県にはいろいろな名産品があるのですが、静岡市内ではどうでしょうか。お茶畑も多く、お茶やその加工品というのはたくさん生産されています。お菓子なども多く、人気がある店舗もあるくらいです。ペットボトルのお茶もあるので、セットになっている返礼品もあるのです。
また、清水港があるので、まぐろの水揚げも多く、ツナ缶もあります。複数の業者で出していたりするものです。冷凍マグロや用宗の生しらす、そして由比の桜海老もあります。乾物になっているものもあれば、冷凍品もあります。
清水では柑橘系の研究開発がされているので、いろいろな種類のみかんやオレンジがあります。その加工品も出ていたりするのです。さらには庵原地区ではバラの栽培が有名なので、お花を受け取ることができたりもするのです。

体験型の返礼品について

静岡市では食べものなどのふるさと納税の返礼品も数多くあるのですが、こちらの特徴ともいえるのが体験型の返礼品です。静岡市内にはタミヤ模型があるので、模型を受け取ることもできますし、駿府匠宿などの伝統工芸の体験もすることができます。また、最近人気の日本平動物園の入場や久能山東照宮などの観光地に行くためのレンタカー利用やタクシー、入場が込みになっているセット券などもあります。
スポーツのジャンルでも体験型のものがあります。清水エスパルスの入場チケットや徳川慶喜ゆかりの庭園のある料亭で食事をするチケットなどもあります。
このように、ふるさと納税では食べ物などを受け取るだけでなく、いろいろな体験から思い出作りができるようにもなっているので、楽しむ時間を作りたいという人には静岡市のふるさと納税は最適なのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう