お礼の品物も豊富な八百津町のふるさと納税の特徴と魅力

岐阜県八百津町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

八百津町のふるさと納税の現況

岐阜県の八百津町は町内の面積の約8割を山林が占めており、林業が盛んな町となります。町の人口も約1万1千人で年々減少傾向なため過疎地域市町村となり、高齢化率も35.3%と全国平均を上回り、子供の割合も15.0%と全国平均よりも下回っています。
過去5年間のふるさと納税の寄附件数・金額の推移は、2011年度が2件で300,000円、2012年度は3件で120,000円、2013年度は38件で5,975,000円、2014年度は2,713件で32,919,600円、2015年度は12,818件で211,541,112円と推移しています。2015年度は岐阜県の中でも寄附件数・金額も多く上位にランキングされ、それだけふるさと納税に力を入れた結果であるということも可能です。

八百津町のふるさと納税の使途の特徴

八百津町のふるさと納税返礼品の貰い方は、最低5,000円からの寄附を行う必要があり、高額寄附の400,
000円、500,000円に対応している点が見られます。また八百津町のふるさと納税の使い道の実績については、6,000名のユダヤ人を救った杉原千畝の生誕地であることでその記念館、また街灯のLED化、町民向けの番組などに活用された実績もあります。
他には自然環境保全や医療費助成などの分野にも使われています。寄附する場合には、8つのまちづくりのための事業から一つを選択することも可能で、町の偉人でもある杉原千畝顕彰のために活用を指定することもできます。
歳入における地方交付税の割合も33.4%と全国平均より高い点も見られるため、財源を確保して魅力的なまちづくりを行うのが課題にもなっています。

ふるさと納税が返礼品が魅力的な八百津町

岐阜県の中でも八百津町は、町内に山林が占める割合が多いですが、そういった山林に囲まれた自然環境からの豊富な返礼品が揃っているのが魅力的です。まず栗を使った栗きんとんの発祥の地で、もちろんふるさと納税の返礼品にはそれが存在し人気の一品になっています。
他の返礼品としては、煎餅、栗の入った饅頭、新米コシヒカリ、まな板、日本酒、うどん、餅など様々なグルメ品が登場します。寄附金額に応じての返礼品の種類も豊富な点と貰ってうれしい返礼品ばかりのため、それが寄附件数・金額の増加に繋がった可能性も高いです。
500,000円以上の寄附の場合でふるさとチョイスからの申込限定で先着2名限定で、松茸山の入山権を付与される優れた返礼品もあり、1シーズン松茸狩りを自由にでき話題にもなっている返礼品となります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう