ふるさと納税で御嵩町を応援する

岐阜県御嵩町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

岐阜県の御嵩町はどこにあるのか?

岐阜県の御嵩町は県の中南部に位置し、現在は町の名産のお味噌が製造されていたり、東海環状自動車道のインターが御嵩町と可児市のほぼ市の境に開業したことから、町が用意した工業地帯に自動車部品の子会社が多く出来たことで工業部門は潤っているのですが、学生の移動手段となる鉄道の利用者が少ないため、廃止の危機にあることから、ふるさと納税の一部は名古屋鉄道の広見線の補助金として使用されています。町の東部と瑞浪市の境には鬼岩公園と言う温泉があり、道路設備もされているので日帰り温泉も可能です。大型商業施設も町の西部にありますが、公共交通機関に限りがありマイカーやタクシーで買い物に出かける人が多くいます。クレジットカードを利用してふるさと納税を寄付する場合は開始日が異なります。

御嵩町のふるさと納税をみる

岐阜県の御嵩町のふるさと納税は、食べ物が多く設定されています。御嵩で収穫された大豆やお米だけで製造された、みたけ味噌は無添加で製造されているので懐かしの味として定期的に購入される客が多い食品となっています。また町の実業高校が製造した商品もふるさと納税の品に入っており、山芋にクリームを使用した甘め控えめの大福などが用意されています。また小学生が無農薬で生産しており、それをクッキーした商品も用意されています。トンちゃんと言えば、岐阜県の下呂温泉近くの郷土料理でもありますが、御嵩町のソウルフードとして開発しており、近隣のフード大会で優勝するほどの支持がされているので食べ比べも面白いです。また、町の歴史を記した書物も納税の対象となっているのが特徴です。

ふるさと納税でお茶菓子をもらう

岐阜県の御嵩町の一部の学校では産業教育としてお茶の栽培と製茶活動をしてます。このお茶は無農薬で栽培されているので安心して飲めます。また、そのお茶にあわせて黒糖と餡の調和が取られた焼き菓子に、時期によっては甘めの栗きんとんをロールした老舗の一品が登場しますので、お茶菓子にお勧めします。御嵩町と可児市では中鉄砲と言う大豆が栽培されており、この中鉄砲のみを使用したアイスクリームがふるさと納税で得ることができます。このアイスクリームは豆の味が濃く残っているので風味もありますので、味わえる一品となっています。この様に御嵩町にふるさと納税をすると沢山の利点がありますし、その地方しか味わえない楽しみが出てきます。地域の学校も参加しているのは珍しいふるさと納税になってます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう