岐阜県の可児市にふるさと納税をする

岐阜県可児市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

可児市の特徴を考える

岐阜県の可児市は名古屋市の通勤圏であることから、朝晩は通勤される方に混みあいます。夜は中部国際空港からの有料特急が数本設定がしてあり、海外との繋がりもあります。岐阜県では降雪が少ない方で、気温は夏場は最高気温で有名な多治見市を僅かに低いぐらいです。芋の栽培が盛んで、この部分はふるさと納税にも反映されています。人口に関しては近郊の都市より多く、工業として自動車関係の会社が主要産業になっているため海外からの動労者も100人中で5人と高くなっています。名古屋から日帰りゴルフに楽しむ方も多く、市の1割がゴルフ場になっており、ふるさと納税の金額によってゴルフ場の利用回数券を発行しているのも特徴です。また近隣の方も視野においているのでふるさと納税の額に応じて可児市内の加盟店でのみ使用できるマネーカードも発行しています。

可児市のふるさと納税で引換え可能な商品

岐阜県の可児市は農業より工業が盛んな地域ですが、市内の多くで芋の栽培が盛んに行われているので、里芋や自然薯がふるさと納税で引き換えが可能ですが、カタログに記載の商品は全国でも有名なお店なので、場合によって受け取れない場合もあります。なお一部の芋は焼酎の製造に使用されるので、焼酎がお好きの方はこちらを申し込むのも方法になります。お茶好きの方には市内で唯一の茶園が生産した商品があります。可児市で有名なお食事処が製造している、マヨ唐チキンがふるさと納税の引換え品となっている所から可児市は相当に地元に注目を持ってもらおうと頑張りが見えます。納税額が高くなるともう1つの産業である陶器から一口用のぐい飲みが出てきます。あと日本酒がご希望の方にもお勧めはあります。

その他のふるさと納税品とは

市内に酒蔵は1件しかないため欲しい地酒が手に入るのは難しい可能性がありますが、その酒蔵さんがふるさと納税者のために複数の地酒を提供されてますが、製造の限界もあり市役所で扱えない場合があります。少し注文をずらすと在庫が確保できることもありますから、お聞きになるのも方法です。また可児市の場合、訪問型の商品が多いので、名古屋に来た際にゴルフをするとか、宿泊されるとか使い方はあります。ヘリコプターからの観光にランチがセットになった企画も準備されてますから、普段とは違う体験をされるのも面白いですし、可児市ではご自身のラインスタンプをつくって貰えるので、このスタンプで友人と交流するのも楽しいです。面白い発想でふるさと納税を募っている可児市ですが遊び心は必要です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう