品切れ続出人気の山ノ内町ふるさと納税特典

長野県山ノ内町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

自然の恵みか観光か素敵な特典

長野県山ノ内町は、長野県北東部にあります。この地域は一帯が上信越国立公園に指定されており、山ノ内町もすっぽり国立公園の指定地域内になっています。実に町の9割が森林と原野という自然あふれる場所なのです。山ノ内町の中には、リゾート地として有名な志賀高原があり、湯量が豊富な湯田中渋温泉郷もある一大保養地です。しかし、町の運営としては非常に厳しい状況にあるのも事実です。人口は13000人あまりと減少の一途であり、高齢化率も36%を超え、過疎地域市町村に指定されています。このような厳しい状況にある山ノ内町ですが、ふるさと納税で応援しようとする人が多数いて、2015年の寄付は実に4800件、1億5千万円以上に上りました。これは極めて多い数字です。その理由の大きなものは、ふるさと納税の素敵な特典にあるのは間違いないでしょう。

果物王国長野県のふるさと納税特典

長野県は果物の一大産地としても知られていますが、山ノ内町のふるさと納税もこれを反映して、とにかく豪華な果物が並びます。その種類もりんご、もも、なし、ぶどうと様々で、それぞれが旬の時期に一番おいしい状態で掲載されますので、そのタイミングでふるさと納税を申し込みするのがよいでしょう。また、ふるさと納税特典の中にはちょっと見かけないものもあります。「サバタケ缶」という商品は、長野県北信地方で昔から食べられている郷土食、根曲がり竹とサバ水煮缶の味噌汁を缶詰にしたものです。根曲がり竹というのは、初夏のひと月足らずしか採れない大変希少なもので、今回のこのサバタケ缶は、えぐみがなく太くて美味しい最高級品と言われる地元志賀高原産のみを贅沢に使用しているのです。これはなかなか手に入りませんよ。

志賀高原といえばやっぱりスキー

志賀高原といえば、なんといってもウインタースポーツのメッカですよね。志賀高原には、19のスキー場があり、そこで稼働しているゴンドラ、リフトはなんと52基もあるという日本最大のスキーリゾートなんです。この志賀高原のどのスキー場でも利用できるリフト一日券が2日分からもらえる特典が、山ノ内町のふるさと納税には用意されています。スキーをされる方にはこちらはおすすめです。さらに、町内の宿泊施設への宿泊補助券という選択もあります。こちらはお宿によって宿泊費が違いますので補助率はそれぞれですが、それでもかなりお得です。1回の使用人数や複数枚の利用制限もないところがうれしいですね。志賀高原に行きたいという方にはこのどちらかの特典を選ぶのは特におすすめでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう