北アルプスの恵みいっぱいの長野県松川村のふるさと納税

長野県松川村のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

アルプスの麓の松川村の魅力

長野県安曇野の松川村は北アルプスの麓に位置する小さな村です。自然豊かな良き日本の雰囲気を残す松川村はアルプスからの名水やみそづくりが有名で、味噌を使った漬物やおやきなども人気になっています。また、農業も盛んで、信州特産のリンゴやハチミツ、お米も名産です。温度の寒暖差があり水も豊かなことから味が濃くなりおいしいと評判です。どれも自然の恵みがもたらす評判の逸品ですので、ふるさと納税を活用して長野県の壮大な味わいを体感できます。ふるさと納税の返礼品でも名産がリーズナブルな金額からもらえますので、興味を持ったら少しでも街づくりに参加できるのも松川村の特徴です。安曇野の水がはぐくんだおいしい食材がジャンル豊富にありますので、選んで組み合わせてみるのも良いかもしれません。

この金額からもらえるのは魅力的

長野県松川村では5000円の寄付金から返礼品が用意されています。この金額から楽しみがあるとは、手軽に寄付できる金額ですので、より多くの方に身近に感じてもらえ、寄付ができるのは嬉しいポイントです。まず5000円では村産のコシヒカリが2キロを2袋、合計4キロももらえます。弾力があり適度な粘りがあって、平成23年には米・食味分析鑑定コンクールで金賞を受賞しました。このほかにもおやき12個セットや弾力がありジューシーなジャンボシイタケ650グラムもあります。村でとれた新鮮な特産品をふるさと納税額がたった5000円で十分な量をもらえるので、かなり楽しめる内容になっています。どれも地元の素材を生かして、さらに地元の方の手と愛情が入ったものばかりですので、温かみも感じられます。

恵みを分け合えるボリューム感がスゴイ

ふるさと納税額が1万円になると選べるバリエーションも広がり、さらにボリューム感がアップします。例えば5000円でも選べた村のコシヒカリですが、1万円になると合計9キロももらえます。5キロ1袋と2キロを2袋なので、人にあげることもできます。また、名産の1つであるリンゴの商品も出てきます。リンゴ箱5キロとリンゴジャム2つのセットやサンフジ特秀品5キロなどもあります。また長野県ブランドリンゴの秋映5キロやシナノドルチェ5キロもあります。また、信州酵母豚肉を使ったカレー8袋やカレーとシチューの詰め合わせなどもあります。信州酵母豚は癖やにおいが少なく肉が柔らかくて自然な甘みがあります。たっぷりと味わえて家庭でも手軽なので実用的な商品です。ふるさと納税で特産品を幅広く味わえて、しかもリーズナブルな金額なのは見逃せません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう