長野県、野沢温泉村へのふるさと納税

長野県野沢温泉村のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

長野県、野沢温泉村の特徴について

野沢温泉村は長野県の北部に位置し、人口約3.500人の小さな村で山の麓にある温泉と野沢温泉スキー場で知られてます。村内には、中学校と小学校、保育園しかなく、冬季には、積雪が多いため生徒が小さい頃からスキーに親しんでいる環境もあって、スキー関係のスポーツ選手を多く輩出しています。村内にはJRの駅はなく、JRの最寄り駅は、飯山線の戸狩野沢温泉駅で、新幹線で行くのでしたら、北陸新幹線の飯山駅が最寄り駅となり、そこからバスや車でアクセスすることになります。飯山駅から野沢温泉村までの所要時間は、直通バスで約25分です。野沢温泉村には、東京電力西大滝ダムがあり、資源エネルギー庁より電源立地地域交付金を受けています。特産品には、野沢菜や雪解け水の天然水などがあります。

長野県野沢温泉村にふるさと納税をしよう

野沢温泉村は、ふるさと納税として全国からの寄付金を募っています。寄付金は、5.000円から返礼品の対象となり、寄付金の活用は、世界に通用するスノーリゾートづくり、温泉地をより魅力的にするための設備投資、ブランド農産物の開発などに生かされます。地域の森の育成にブナの木を植林して、観光と人材育成にも力を入れています。ふるさと納税の返礼品には、温泉旅館の宿泊券、スキー場のチケットやリフト券、特産品の野沢菜の漬物のセットなどが多く見られます。珍しい所で、アケビの蔓を使った盛り籠や手提げバックもあり、雪上車助手席体験もあります。野沢温泉村の雪解け水が、ブナの森をめぐって湧き出たナチュラルミネラルウォーターの天然水や村の湧き水で仕込む醸造酒や焼酎もあります。

野沢温泉村の課題と「ふるさと納税」

核家族化、少子高齢化により,日本の人口が減少傾向にある中で、野沢温泉村も、同じく、年々人口が減少し、税収は減ってきていて、村の財政面も厳しくなってきています。人口の流出に歯止めをかけ地域産業を活性化させ、地域を盛り上げるには、ふるさと納税で、野沢温泉村を援助してもらうのが最良の方法です。ふるさと納税は、殆どの人が知っていると思いますが、地方創生の手段として総務省でも推進しています。しかし、ふるさと納税をするのに、受付サイトや方法がわからなかったり、後で所得税と住民税を還付するための、確定申告をするのが面倒であったり、様々な理由はあるようですが、広く浸透してさせていかなければ、歴史ある山里の地域が過疎化してしまい消滅してしまう危惧さえあるのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう