長野県の中野市のふるさと納税は後選びもできます

長野県中野市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

長野県中野市の名産は誰もが食べてるもの

長野県中野市というとどこにあるのか、どんな町なのかを知っている方は少ないかもしれません。長野県でも北部の方に位置しています。大きな観光地があるわけではないのですが、日本の誰しもがお世話になっている可能性が高い名産品があるのです。それがキノコ類です。しめじやエノキ、エリンギやヒラタケなど、あらゆるキノコ類を生産しており、スーパーなどで販売されているもののシェアは相当大きいので、もしかしたら知らぬ間に中野市の名産を口にしているかもしれません。ふるさと納税でもキノコ類はありますし、他にもまだまだ多くの特産品がありますので、また違った一面を知ることができます。また、中野市は寄付段階で返礼品を指定しなくても、一覧のカタログを指定して、後からゆっくり選ぶこともできます。

キノコの町ならではの品揃え

長野県中野市はキノコ生産量が全国トップクラスです。当然、ふるさと納税の返礼品でもおいしいシャキシャキで味の濃いキノコを届けてくれます。まず1万円のコースではいろいろなキノコがセットになったキノコたっぷりセットがあります。しめじやエノキ、エリンギのほか、なかなか耳にしないバイリング 、山茶茸、あぎ茸なども入っています。また、同じく名産のアスパラガスとのセットもありますし、なめたけに加工したものもあります。なめたけはホタテや明太子など海の幸をなめたけとうまくマッチングさせた品で、毎日のごはんがおいしくなること間違いなしです。ふるさと納税で日本でも有数の名産地の本場の味がたっぷりと味わえてしまうのは嬉しい限りです。新鮮なとれたてやご当地ならではの加工品となっています。

他にもある特産品も魅力的なふるさと納税

中野市はキノコばかりではありません。他にも名産がたくさんあり、フルーツにお米、日本酒などバラエティも豊かです。まず、フルーツですが、中野市はさまざまな種類が作られいます。長野県の名産でもあるリンゴはもちろん、ももやぶどう、なしまであります。1万円のコースではリンゴは品種もいろいろありますし、ブドウも巨峰からマスカットもあり、詰め合わせもあります。果物は季節限定ではありますが、これだけ種類があると初夏から秋まで楽しめますので選べる範囲も広くなります。他にはお米や地酒や地のブドウを使ったワイン、信州牛や信州ポークなどのお肉類もあります。幅広いジャンルの商品がありますので、好みに合わせて自由に選ぶことができます。中野市ではふるさと納税金額に合わせて複数コースを組み合わせることもできます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう