ふるさと納税で貰える物は豊丘村の果物とジンギスカン

長野県豊丘村のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

豊丘村の特徴とふるさと納税の使い道

豊丘村は長野県の南部に位置する下伊那郡に属している市町村です。隣接する自治体は飯田市と松川町があり、豊丘村は飯田市を流れる天竜川の東岸にあります。村の面積は76.79平方キロメートルで、そこに約6800人が暮らしています。人口は少ないですが、人口の著しい減少がないため過疎地域には認定されていません。長野県豊丘村は村を元気づけるため、2008年からふるさと納税制度を導入しています。導入当時から沢山の申し込みがありましたが、2015年度のふるさと納税は過去最大となる3万8211件の申し込みが個人と法人様からあり、金額にすると約7億円の寄付金が集まっています。ふるさと納税で寄付されたお金は、教育と子育て支援や高齢者福祉に関する事業で有効活用しています。

1年間で2週間しか配送されない果物

長野県豊丘村をふるさと納税という形で応援した方々全員に、村から感謝の気持ちとして特産品が贈呈されます。ただし、ふるさと納税カタログで果物を申し込みするとすぐに配送されない可能性が高いです。それは豊丘村では365日中20日しか市場以外に配送を行っていないため、果物の旬が過ぎた後の申し込みだと、実際に物が届くのは翌年となる場合があるので注意しましょう。その果物とは桃や梨や葡萄やリンゴです。桃は7月下旬から8月下旬で、梨は8月下旬から9月上旬です。さらに葡萄は9月上旬から10月中旬で、リンゴは種類によりますが9月下旬から12月中旬頃に申し込み者の自宅に届けられます。果物の中で一番人気があるのは「サンふじ」と呼ばれるリンゴで、寒暖差がある環境下で育っていて蜜のような甘さが特長です。

果物以外の人気がある加工品

長野県豊丘村は温暖な気候のため、果物や野菜など旬が決まっている農作物が特産品に選ばれると旬にしか配送されませんが、その他の加工品は通年配送を行っています。ふるさと納税で寄付をした方々に人気がある加工品は、2万円以上の寄付で貰える猪鹿鳥セットやジンギスカンとホルモンの詰め合わせセットです。猪鹿鳥セットは、村の近隣で捕れた猪や鹿やキジなどの鳥類が入ったセットで、これらは全て食べた人の運気を上昇させる願いが込められています。猪と鹿は、ジンギスカンで届けられます。もう一方のジンギスカンとホルモンの詰め合わせセットは、全部で11品の味付け肉が入ったセットです。当初はジンギスカンのみでしたが、お客さんの希望でホルモンや鶏肉の味付け肉が追加されています。気になっている人で食べたい品があれば、製造会社に問い合わせを行ってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう