立科町が行うふるさと納税の内容

長野県立科町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

立科町の紹介とふるさと納税経過

立科町は、長野県東部、北佐久郡に位置し、平成28年現在で人口7,435人を有します。町は南北に細長い地形を持ち、北部では稲作を中心とした果樹栽培や畜産が行われ、南部は、蓼科山や白樺湖を有するリゾート地としても知られています。
立科町のふるさと納税は、制度初年平成20年に25,575,000と大きな寄附が寄せられています。特徴として年毎に増減が大きな点があり、21年は5,940,000円、22年には690,000円まで減少するものの、23年には5,570,000円に増加をしており、翌24年には987,700円に減少しています。平成25年は11,061,000円に増加をするも翌26年には5,804,000円まで減少し、平成27年では、1,182件に対して寄附金額が17,372,000円まで上昇しています。

ふるさと納税で行われる事業と申込方法

長野県立科町では、「子育てしやすい町づくり」「定住・移住したくなる町づくり」、2つのコンセプトを掲げてふるさと納税を活用しています。現在、寄附者が使い道を指定できる事業として4つのテーマを設けており、事業には、福祉や教育、環境保全を内容とした、住みよいまちづくりに関する事業、「蓼科山」や「蓼科の水」に関する事業、旧跡・史跡を後世につなげる事に関する事業、農業振興や農産物のブランド化を図るなどを内容とした、産業振興に関する事業があります。
申込は、蓼科村では、納税ポータルサイトか、寄附金届出書で行うことができ、届出書の場合には必要事項を記載したのちに、FAX、メール、郵送のいずれかで立科町役場 企画課 企画振興係に送ることになります。送金方法は、原則として郵便振替による方法になり、この場合、振込手数料は不要となります。

ふるさと納税で贈られる返礼品

長野県立科町では、ふるさと納税の御礼として、町の特産品の中から返礼品の贈呈を行っています。返礼品は1万円以上の寄附をした人が対象となり、寄附額に応じて商品が贈られます。
蓼科村では、返礼品に関して、1万円以上から10万円以上までの5つのコースを設けていますが、返礼品は、1万円に対して贈られる商品を基本として用意されており、寄附金1万円以上3万円未満では1商品、3万円以上5万円未満では3商品、5万円未満7万円以上では5商品、7万円以上10万円未満では7商品、10万円以上の寄附の場合には9商品を選ぶことができます。
商品は16品からなり、内容としては、信州蓼科牛や、ジュースなどの飲み物、ニジマスから揚げ、地酒、味噌醤油、ハチミツ・朝鮮ニンジン、果物、米があり、町を代表する特産品が用意されています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう