山口県の平生町が用意しているふるさと納税の特典

山口県平生町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

山口県の平生町の特徴

平生町は「ひらおちょう」と読む、山口県の東南部、室津半島の西側に位置する町です。この町の一部は瀬戸内海に面していて、またその土地の中には箕山や大星山といった山々が存在しており、美しい自然に恵まれた町だと言えます。この町にはそういった自然の美しさを生かした場所や、歴史のロマンが感じられる場所など、いくつもの魅力的な観光スポットがあります。その例としては、丸山海浜パーク、大星山展望台、土手町南蛮樋、神花山古墳、神峰山般若寺などを挙げることができます。またこの町の産業としては、豊かな瀬戸内海の海を生かした水産業が代表的で、それ以外には農業も盛んです。そんな平生町には、この町ならではの魅力を感じることができるような特産品も多く、ふるさと納税の特典にもそれらがいくつも用意されています。

平生町のふるさと納税の特典にある珍味

ふるさと納税の特典としては、よその地域に住んでいる人でも、その地方自治体が誇る特産品の食べ物が代表的だと言えるでしょう。この平生町のふるさと納税の特典も、そのすべてが食べ物関連のものばかりとなっています。山口県は海の幸が豊富なことで他県にもよく知られており、この平生町も魅力的な海産物が色々と取れるのですが、中でも珍味と呼ばれるものは、その珍しさと独特の味わいから高い人気を得ています。その代表的な存在が、日本三大珍味の一つであるこのわたです。このわたはなまこの腸を塩辛にしたもので、特にお酒が好きな人に良く好まれています。その他の珍味としては、ナマコの卵巣を干して作ったほしこがあり、そのままあぶって食べても、お吸い物に入れてもおいしいと好評です。

珍味以外の平生町のふるさと納税の特典

平生町のふるさと納税の特典として人気があるのは、もちろん珍味ばかりと言うわけではありません。この町の代表的な産業である水産業関連の特産品としては、瀬戸内海産の小さなカタクチイワシを原料とした、いりことすぼしがあります。いりこはカタクチイワシをゆでてから天日干ししたもの、すぼしは生の状態で干したものと言う違いはありますが、そのどちらも良い出汁が取れるのでお味噌汁などの料理を作る際に重宝しますし、またそのままかじって食べても味わい深く、カルシウムが取れるといった魅力があります。またカタクチイワシを素材としたものとしては、酒粕と塩で発酵熟成させた魚醤の「瀬戸内コラトゥーラ」もあります。その他の特典としては、減農薬で栽培されたこだわりのお米や、大粒の栗と白あんを使用した手作りの栗まんじゅうの「 周防みやま栗」も人気です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう