山口県周防大島町のふるさと納税に対するお礼の品

山口県周防大島町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

山口県周防町の概略と特産品

ふるさと納税に寄付金を寄付することは、単に節税対策になるだけでなく。その自治体のことを新たに知るきっかけになります。ふるさと納税に対するお礼の品のカタログを見ているだけでも、今まで知らなかったその自治体の歴史や文化を垣間見ることができます。
山口県周防大島町も、そんな意外な歴史がある自治体の一つです。周防大島町は、山口県の最東端に位置し、瀬戸内海に浮かぶ周防大島と、その周囲に浮かぶ5つの有人島と25の無人島から構成されており、周防大島は1976年に大島大橋によって柳井市と、また周防大島と沖家室島は1983年に沖家室大橋によって繋がりました。地形からも、産業は漁業や農業が盛んで観光業にも力を入れていますが、高齢化も進んでおり人口は減少傾向にあります。そして、お礼の品も海産物や農産物が中心となります。

海産物と農産物の特産品

山口県周防大島の海産物と言えば、豊かな海で育まれた、サザエ・アワビ・岩ガキ・瀬戸貝といった貝類になります。特に瀬戸貝はこの地域でないと食べられないので、お礼の品の中でも特に人気が高いものです。
また、農産物では、なんといっても温州みかんが有名です。周防大島町は「みかんの島」とも呼ばれ、糖度と酸度の厳しい基準をクリアしたプレミアムみかんは、適度な酸味とジューシーで肉厚な果肉が素晴らしく、海産物と並んでふるさと納税に対するお礼の品として、人気が高い商品です。
特におもしろいのが、みかんと海産物を両方とも楽しめる「みかん鍋セット」です。みかんを丸ごと鍋に入れて海産物とともに食します。したがって、皮ごと食べることになりますから、栄養価も高く、この自治体の名物料理ですから、お礼の品として最適です。

ふるさと納税のお礼の品で結婚式を挙げる

県外の人にはあまり知られていませんが、明治から大正にかけて、山口県周防大島から、ハワイへ数多くの海外移民が行われていたことから、アメリカのカウアイ島と1963年に姉妹都市提携を結んでいます。
このため、島内には日本ハワイ移民資料館があり、お礼の品には、日本ハワイ移民資料館グッズのほかに、日本では滅多に流通しないハワイ州カウアイ島の特産品セットがあります。
そして、極めつけが、「瀬戸内のハワイ」周防大島にて参加者10名のプライベートウェディングです。婚礼料理だけでなく、ウェディングケーキや引き出物までセットされています。
まさか、ふるさと納税に対するお礼の品に結婚式パッケージがあるとは思いもよりませんでしたが、新たな自治体の歴史を知るきっかけにもなるのでおすすめです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう