山口県岩国市のふるさと納税の特徴

山口県岩国市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

山口県岩国市の特色と観光名所

山口県岩国市は、山口県の最東部に位置する、人口約15万人の市であり、広島市と隣接し通勤圏でもあることからベッドタウンとしても機能し、非常に交流が深いことでも知られています。観光名所としては錦帯橋が有名ですが、最近では、県外からの観光客をターゲットとした、広島県の宮島とタイアップしたツアーなども好評を得ています。
多くの産業の拠点が広島市にあることからも、町おこしには積極的に参加しており、ふるさと納税においても、例外ではなく、地元の特産品を始め、プロ野球広島東洋カープのオリジナルグッズなど、とても多彩なお礼の品が用意されています。
また、山口県岩国市では、ふるさと納税に寄付したお金の使い道を指定する事もできますから、より岩国市を身近に感じることができます。

お礼の品の特色とおすすめの品

山口県岩国市の代表的な特産品といえば、レンコンです。岩国市のレンコンは、日本五大レンコンの一つに数えられ、独特のもっちりとした粘りと、レンコンならではのシャキシャキ感が好評を得ています。また、市内を流れる錦川の清流で作る日本酒は、飲みやすく料理に合うお酒として全国的にも大変人気があります。
岩国ならではのお礼の品として人気なのが、カープグッズです。カープといえば広島ですが、実は岩国市由宇町にはカープの二軍練習場があり、ファームの試合も定期的に行われていることから、生粋のカープファンは、ここで未来のスター選手と交流を深めています。こういったりゆうからも、由宇町ならではのカープグッズの詰め合わせもふるさと納税お礼の品としてとても人気があるのです。

ふるさと納税の使い道が選べます

ふるさと納税にかかる寄付金の使い道に使い道については、自治体でその割合も含めて決定されることが多いのですが、山口県岩国市は、寄付した人が決められる制度があります。
もちろん、いくつかの用途から選択するものですが、寄付したお金がきちんと自分の要望で使われるということは、自治体との信頼関係にも繋がり、岩国市に愛着を持つことになります。
主な使い道としては、コミュニティ施設の備品購入などの地域活性化に関する事業、子ども見守り活動への支援といった地域福祉活動に関する事業など、岩国市の活性化に活用されており、県外や市外からだけではなく、この地域に住む人々からの寄付金も多く寄せられています。
ふるさと納税は、寄付金を通じてその自治体と繋がっていくことも目的の一つですから、使い道を選べる制度はとても好評を得ているのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう